« みんなダイスキ | トップページ | 思わぬ乱入者? »

2006/06/21

デパートで歌舞伎♪

三越歌舞伎に行ってまいりました。
若手中心の舞台なので、歌舞伎座などで行われているのとはやはり趣が違います。
なんといっても、デパートの中の劇場なので、劇場そのものの設えはとてもクラシカルで立派なのですが、とにかく小さい!
客席も、舞台も、小さいものですから、役者さんが普段の3倍くらいあるんじゃないかと思うくらい大きく見えます。舞台のフレームに対する嵌り方が、歌舞伎座なんかで観ると「引き」のショットなんですが、ここでは思いきり「ズーム!イン!」て感じですよ。

そんな、普段とは異なった見え方も楽しみつつ。
1本目は「車引」。ご存じ「菅原伝授手習鑑」の一幕の、人気演目でございますよ。
このお話って、ここだけ抜かれると、別にストーリーなんてあってないようなものなんですが、松王丸、梅王丸、桜丸のキャラ分けが、ゲームのキャラみたいに分かりやすくて面白いのです。
それぞれの衣装、メイク、動き、どれをとっても端的に明確にキャラ分けされていて(メイクなんて超アーティスティックな隈取りだし)、わけもなく(?)たくさん見得をきってみたり、飛び六法までしてみたり。
とにかく派手でアニメみたいで。たぶん歌舞伎を観たことのない方たちが、歌舞伎に対して抱いているイメージが、ギュッとつまってるような演目です。
でもって、件の小さい舞台いっぱいに、若くてタッパのある役者さんが勢ぞろいするもんだから、小さな(マンガの)コマに濃いキャラがぎゅうぎゅうづめになってるようで、いーやいや、アツイ舞台で楽しめました(笑)

2本目はこれまた有名な演目「女殺油地獄」。
こちらは主役の放蕩息子・与兵衛を中村獅童さんが演じていたのですが、最初に登場したときの科白まわし、誰かに似てる…!と思ってズット考えてたら、そうですよ、「新選組!」の放蕩息子・捨助ですよ!獅童さん流放蕩息子は、ああいうしゃべり方になるのかしらん?
その与兵衛が、あまりの放蕩ぶりに勘当され、お金に困って追いつめられ、はてには女=お吉を殺すに至る話なのですが、だんだんと鬼気迫る形相になっていく獅童さんのお芝居は、なかなか見応えがあり、最後の、油まみれの修羅場も、リアルかつすごい迫真の演技で、小振りな劇場ならではの迫力を堪能できました。
私は獅童さん、とても好きな役者さんなのですが、最初にこの演目をやると知ったときは「獅童さんが上方?世話物?」って感じ。だって、なんとなく「荒事」が似合う感じでしょ?
ですが、とても良かったです。町人の出で立ちも、お似合いでした。

そんなわけで若々しい舞台を楽しんだわけですが、与兵衛の父母を演ったベテランの寿猿さん、竹三郎さん、おふたりがさすがの貫禄で舞台を引き締めてらっしゃいました。

さて劇場を出るとまだ外は薄明るい。
そういえば、今日は夏至ですね。一年でいちばん「昼間」の長い日。
夏はこれからが本番ですが、太陽の動きは冬にむかっていきます。
ところで、冬至には「冬至かぼちゃ」を食べるけど、夏至って、なにか食べるのかなぁ?

« みんなダイスキ | トップページ | 思わぬ乱入者? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« みんなダイスキ | トップページ | 思わぬ乱入者? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ