« あたたかい食卓 | トップページ | またまた »

2006/07/07

七夕には「きらきらビーム」

今日は七夕ですね。
お願いごとをしたひとも、いるのかな。

私は七夕に、かならずメールをする人がいます。
とはいっても、ロマンチックな相手ではなく。(というかロマンチックな相手なら、七夕だけじゃモノ足りません!)
数年前にあることのチームを組んでたメンバーなんですけど。
「きらきらビーム」っていう、オトナとは思えない(笑)名前をつけて、楽しんでいました。
あ、でも遊びのチームではないのですよ、すごいプロジェクトチームでしたの。うふふ。

それをみんなでやりとげて、離ればなれになる時に「じゃあ年に一回くらいはみんなで、メールを送ろう!」ということになり、もう6〜7年経ちますかねぇ。
その間まったく行き来してないわけではありませんが、「みんなそろって」という機会はなかなか持てませんので貴重です。
そのプロジェクトでは、ほんとうに色々な壁を乗り越えてきたので、みんな「同志」という感じです。
いまも、ほんの一言でもなんとなく通じ合える、数少ない大切なひとたち。

あいにく今夜も星は見えないけれど、こうして年に一度、みんなのことを思って宇宙の星に想いをとばし、ひとつひとつがキラキラであるように観じあえるのは、思いもよらぬ安心感、充足感をもってきてくれるのです。
この機会を与えてくれて、ありがとう☆☆きらきらっ ビーーーム!(笑)

« あたたかい食卓 | トップページ | またまた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2540483

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕には「きらきらビーム」:

« あたたかい食卓 | トップページ | またまた »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ