« メッセージ | トップページ | 玉葱その後 »

2006/07/29

軒先

昔から、普通の家の軒先には、いろんなものがかけてありました。
洗濯物とかは当たり前だけど、柿が吊るしてあったり、きっと朝釣ったんであろう魚の開いたのが干してあったり。
祖母も梅干しとか、よくつくってたなぁ。
いまは軒先じゃなくてバルコニーでしょうかね。マンション住まいが多いですし。

で、今日はなんと!玉葱が干してあるお家を発見。
半端な数ではなくて、そのマンションのバルコニーの幅いっぱいの長さの物干竿の、竿の長さこれまたいっぱい。
2、3本ある物干竿が全部玉葱で埋め尽くされてました。
こんなの初めて見ましたよー。

良く知らないんですが玉葱って、干してから食べるものなんでしょうか?
それとも何か別の調理法があるのでしょうか?
それよりなにより、あーんなに、玉葱干してあって、部屋の中は玉葱臭くならないんだろうか?(マンションだから、戸建ての家とは風の通りも違うと思うのよ)
何日くらい干しておくのだろうか?
その間洗濯物とか布団とかはどうやって干すんだろうか?
マンションだし、そんなに大量の玉葱を作ってるとも思えないんですけど…。

気になって気になってしかたありません!
明日もそこを通るので、引き続き観察してみようと思います(笑)

« メッセージ | トップページ | 玉葱その後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2857135

この記事へのトラックバック一覧です: 軒先:

« メッセージ | トップページ | 玉葱その後 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ