« 玉葱その後 | トップページ | ダンスオブウ゛ァンパイア »

2006/07/31

玉様

七月千穐楽、私はまた歌舞伎座に行ってしまったのでした…あははー。
行き過ぎ?っていうかこんなことしなければ、睡眠時間はかなり確保されると思うんですが。
でもコレが活力になるんだもん。と言い訳し。

泉鏡花×玉三郎さん の七月歌舞伎座だったわけですが
泉鏡花という人の作品は、なんというか奇想天外で、言ってみれば筋がほぼとおっていない。
価値観が真逆だったり、かといって真逆のみで構成されているわけではないので、真と真逆が入り乱れて倒錯ぎみなカンジなのです。
それを「美しさ」とか「魔物の世界」(この場合、人間以外の異形のもの、とでも)ということで成立させてしまっているという力技。
あ、力技というほどの強引さはないのですよ。
倒錯してるなりの本質の骨太さみたいなのがあるという意味です。
その本質たるやなんなのか、私なんかでは、説明つきません。

そしてその世界に玉三郎さんがぴったり嵌っているのです。
恐らく、これを演じる時の役者さんには、多かれ少なかれ逡巡があるかと思われ。
でも玉三郎さんには、そんなところは微塵も感じません。
理屈ぬきで、肉体で、鏡花作品を理解してそこに生きてるような感じです。

だからでしょうか、2本立ての演目の、1本目には玉三郎さんは出演していない(監修)なのですが、お芝居そのもののエネルギーの高さが違っていたように感じました。
それは、玉三郎さんの知名度が高いとかスターであるとか、そういうことではなくて。

玉様の凄さを目の当たりにした、七月歌舞伎座でした。
あの方、「異形のもの」ですわよきっと(笑)超越してらっしゃいますー。
千穐楽だったので、何度もカーテンコールしてくれて、ことに3度目は嬉しかったなぁ。思わず立ち上がりましたよ。
千穐楽って、やっぱりおトクだわーん♪

« 玉葱その後 | トップページ | ダンスオブウ゛ァンパイア »

コメント

>みゅぅさん
歌舞伎、おもしろいですよー。最初はちょっと敷居が高いかもしれませんが、謡の歌詞や科白の解説をしてくれるイヤホンガイドがあれば内容もばっちりわかるし、チケットも3階席ならお安いし。3階席には「○○屋!」とかけ声をかける大向こうさんなんかもいるので、とても楽しめます。ぜひぜひ、いちど、いらしてみてくださいましー♪

こんにちわ。
歌舞伎は行ったことがありません。でも、1度は見てみたいです。近いうちに実現できるように頑張ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2882763

この記事へのトラックバック一覧です: 玉様:

« 玉葱その後 | トップページ | ダンスオブウ゛ァンパイア »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ