« いやされる | トップページ | ひみつのミルクティー »

2006/07/18

雨の一日

雨音は落ち着きますね。
こころなしか体の動きもゆっくりしてくる気がします。
今日は過ごしやすい気温だったので、そう感じるのかもしれませんね。
なんとなく、ささやかに、シアワセです。

今日は、抽選で当たった人しか行けない某アーティストのプレミアライブの、当選ハガキがきていてびっくり。
先日の「時効イッキ観」といい、こんなに運を使ってたら、もうなにも残らないよぅ。
でも、うれしいー。楽しみなりー♪

で、今日の「ダンドリ。」ですが、また有馬さんがどこに出てるのかわからなかった(ガッカリ)
今回も変わらずベタでしたが、主役の女の子の甲高い声にも慣れてきたし、国分太一くん扮するやる気のない先生が(お約束通り)生徒達に影響され始めてきたり、徐々にダンス部に人が集まってきたりと、動きがあってフツーに面白かったです。
ここはぜひ、フツーというところを上手に盛り上げていっていただきたいです。

庭の草花が、雨に濡れてつやつやと光っています。
お隣の風鈴も、静かに、ときどき、鳴っています。
ほんとうに、気持ちが落ち着く夜ですね。

« いやされる | トップページ | ひみつのミルクティー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2712387

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の一日:

« いやされる | トップページ | ひみつのミルクティー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ