« 雨の一日 | トップページ | 雨つづき »

2006/07/19

ひみつのミルクティー

たびたび伺うクライアント先で、ビジネス・ランチをする時によく行くお店があって。
担当者のYさんはそのお店をお気に入りなので、すっかりお馴染みさん。
なので、店員さんたちがとてもよくしてくれます。

今日もランチをいただきましたが、Yさんは昨日もここでお昼を食べたとかで、同じ「お魚のランチ」を頼んだら、本当はお魚の種類は今週いっぱい同じ物のはずなのに、わざわざ変えてくれました。
しかも、変えてくれたもののほうが、好きなお魚だったので、ラッキィ♪
モチロン、私もお相伴にあずかりました。

デザートは、シャーベットが定番なのですが、冷たいものが苦手なYさんのために、キャラメルプリンが出てきて、これまたおいしいー♪

きわめつけは、最後の飲み物。
コーヒーか紅茶かを選べるのですが、勧められるままに紅茶をお願いしたら、ロイヤルミルクティーが!!
このお味がとても良いのです。
紅茶ってなかなか美味しくいれてくれるところが少なくて。
紅茶党の私としては、美味しくない紅茶を飲むならばと、ついコーヒーをお願いしちゃったりするのですが…。
ちょっとした紅茶専門店よりゼンゼン美味しいのですよ!
聞くところによると、この紅茶をいれることができるのは、この店でもたったひとりだというのです。
でも、いれ方は彼だけの秘密だそうなんです(!!!)
そんな話をしているところに、噂の彼がやってきたので「とっても美味しいです、ありがとう」と伝えると「そうでしょう?」といたずらっぽく笑って「ありがとうございます」と去っていきました。

「ほらね、秘密でしょう?」と屈託なく笑うYさんでしたが、私はそのYさんのおかげで、お馴染みさん気分を満喫し、ちょっと一味違うお料理とお店の方の対応にありつけたのでした。
ひみつのミルクティーは、私ひとりで行っても出てこないかな?

« 雨の一日 | トップページ | 雨つづき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2726460

この記事へのトラックバック一覧です: ひみつのミルクティー:

« 雨の一日 | トップページ | 雨つづき »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ