« 玉様 | トップページ | ミュージカル余談 »

2006/08/01

ダンスオブウ゛ァンパイア

以前から楽しみにしていたミュージカル「ダンスオブウ゛ァンパイア」を観てきました。
こういう正統派ミュージカルを観に行くのって、ものっっっすごく久しぶりです。
一昨年の暮れに、やはり帝劇で新感線の「SHIRO」を観ましたが、新感線は新感線だもんこういうのとは違うもん(って何が?笑)
で、今回なにが一番楽しみかといえば、お友達のお姉様がオーケストラにいらして。
はっきりいって、それを聴きにいきましたっ!えへへー。

そしてそして肝心の内容はといいますと、これがとても面白くて楽しめました。
ストーリーもわかりやすかったし、それぞれの演技も歌もダンスも良かったし。

特筆すべきはやはり市村さんでしょう。
市村さんが出てくるだけで舞台がしまるし、面白いし、ちょっとした間の取り方から聴かせどころまで、妙を得た演技で、うなるほどにさすがでした。
客席にアピールしたりもするのですが、それが押し付けがましくなく絶妙なさじ加減。
あらためて、惚れ惚れ♪でした。

それから、今回かなり観客の記憶に残ったのではないかと思われるのが、せむし男・クコール役の駒田一さん。
とても芸達者な方で、ちょっとくせのある難しい役どころを、愛すべきキャラクターにして演じられていました。
休憩時間にも、舞台で降らせた雪をお掃除するパフォーマンスで登場、サービス精神あふれる演技で客席から喝采を浴びていました。こういうのって、観客にとっては思わぬプレゼントって感じで、ホント嬉しいですよね。
ちなみに、このときにオーケストラが演奏していたのは「レ・ミゼラブル」の一曲。この日は本田美奈子.さんのお誕生日だったということで、美奈子.さんへの思いもこめられていたそうです(合掌)
そしてそして、駒田さんには偶然、舞台がはねたあとにお会いできたのですが、クコールとはゼンゼンちがって(当たり前なんですが。。)とっても好青年でいらっしゃいました♪

そしてワタクシの記憶にがっちり残ったのが、吸血鬼の息子・ヘルベルト役の吉野圭吾さん。
これがまたアクの強い役で、ちょっと間違ったらアブナイ…いえいえ(笑)そんな役をとても魅力的に演じてらっしゃいました。
ロックな感じもなかなか良かったし、ダンスも個性的でキレイでした。
もうこの方に、クギヅケでしたよ(笑)どんなに奥にいても細かく芝居してるし。面白かったです。

そして、楽しみにしていた音楽。
全編にわたって、ほぼ演奏しっぱなしという大変なパフォーマンスでした。(想像しただけで手首つりそうー)そのためか、オーケストラはもちろんオケピットにいるのですが、あたかも舞台にのってきているような感覚になりました。ものすごい存在感があって、舞台とのバランスがとても素晴らしかった。
メロディアスな美しい曲から、かなりロックなものまで、変化に富んでいて楽しめたのですが、全体を通じてロック向きな音響だったようで、そのへんめりはりつけていただいてたらもっと良かったのになあ。
私は音楽には詳しいわけではないのですが、せっかくの弦の音の美しさが…勿体ない。などと思った次第です。

今回は、友人K嬢、そのお姉様の I 嬢のおかげで、とっても楽しくそして出演者のキモチやエピソードなんかも聞けちゃったりして、充実したミュージカル観賞とあいなりました。ありがとう。ありがとう。
また観に行きたくなっちゃったわん♪
8月いっぱい、帝劇でやっているので、まだ観ていない方!オススメですよ♪

« 玉様 | トップページ | ミュージカル余談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/2911351

この記事へのトラックバック一覧です: ダンスオブウ゛ァンパイア:

« 玉様 | トップページ | ミュージカル余談 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ