« 気分一新♪ | トップページ | 一点ほどの痛み »

2006/08/20

夏祭り

今日は、某クライアント主催の「阿波踊り」のお祭りの最終日でした。
私はこれを経験するのは初めてなのですが、ほんとうに全社あげてのお祭りで、社員さんはみんな、企画からはじまって、櫓を組んだり照明を設置したりして何週間も前から準備にあけくれ、当日は交通整理とか休憩処の運営とか迷子の係とかで、みんな大忙しです。
今日そのクライアント先で打ち合わせしたあと、まだお祭りをやっている時間に帰ることができたので、ちょこっと見にいったのですが、もう、大盛り上がりー!でした。

本場・徳島からも、関東では有名な高円寺からも、「連」が来ていて(もちろん地元の連も参加してますし、その会社の有志の連もあります)さすがの迫力で踊りまくり!
大通りを踊りながらねり歩くほかに、駅前の広場にはステージがつくられていて、このステージでもフォーメーションを組んで踊ります。
これは、徳島にも高円寺にもないことらしいので、これを楽しみに参加する連もいるとか。
いままで知らなかったのですが、連ごとに衣装などが違うのはもちろん、踊り方や鳴り物にもそれぞれ特徴があって、みんな工夫を凝らして自分達の個性を表現しているんですね!
びっくりしました。

ひと月以上も前から、クライアントの会社全体がこの阿波踊りの準備に夢中で、8月はお仕事どうなっちゃうのー?とさえ思っていたのですが、こんなに盛大で楽しいお祭りを運営するなんて、ホントにすごい!とひたすら感心。
みんな「忙しいのにー」とブツブツ言いながらも、けっこう楽しそうに準備してたもんなぁー。
こうやって、本業以外のもので年に一回くらい盛り上がるのも、楽しいかも。
そしてなにより、社員さんがみんな、このお祭りを楽しみにしていて、誇りに思ってることが感じられて、ちょっと感動しちゃいました。

来年は、もっとゆっくり見たいなぁー。
阿波踊り、楽しーい!

« 気分一新♪ | トップページ | 一点ほどの痛み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3146717

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭り:

« 気分一新♪ | トップページ | 一点ほどの痛み »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ