« アルゼンチンババアその2 | トップページ | ペンギン食堂 »

2006/08/17

寄り道大好き

今日は仕事がちょっと早く終わったので、帰りがけにちょっとお茶をしました。
ひとりでカフェに行って、ゆっくりと本を読んだり、気付いたことをメモしたり(愛用の、ほぼ日手帳ですよ!!おほほー)するのは、とってもシアワセな時間です。
有意義な寄り道、っていうか。

そうしてキモチを帰宅モードに整えたところまでは良かったのですが、読んでいた新潮文庫に、「yonda?クラブ」のプレゼント(文庫のカバーに付いているシールを集めると景品がもらえる、アレね)のチラシが入っていて、何となく見たら、急に景品のパラパラマンガがものすごーく欲しくなってしまって。
家に戻ってから、家の新潮文庫を漁りまくってしまいました。

…またいらぬ寄り道をしてしまった。。。
今日も夜更かしになりますわ。トホホー。
でもって、例の景品をいただけるための枚数のシールがあることを確認したら、それで満足して応募するのは忘れるんですよワタシ。(いつもだいたいそう)
ほんとにしょーもない。

« アルゼンチンババアその2 | トップページ | ペンギン食堂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3099620

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道大好き:

« アルゼンチンババアその2 | トップページ | ペンギン食堂 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ