« 素敵なタイミング | トップページ | べっこうあめ »

2006/08/29

ひとにやさしく

今日バスに乗ったら、車内の前方にこんなことが書かれたプレートが。

「人にやさしい○○バス」をめざします。
そのために私は、優しい言葉でお客さまに接します。

〜めざします。までは印刷で、そのあとは手書きだから、それぞれの運転士さんが考えて書いたんだろうなぁ。
なんて思いつつ。
帰りも同じ路線のバスに乗ったら、こちらの運転士さんは
『そのために私は、わかりやすい案内をします。』
とありました。

最初に見たときは、なんだか決意表明みたいで、なにもバスの中にまで貼らなくても、、(ちょっと押しつけがましいじゃないの)などと思ったけど、ひとりひとり違ったことを書いてるんだというのを目の当たりにしたら、がぜん興味がわいてきました。
運転士さんだって最初からやる気満々でこれを書いたとは思えないけど、書かれたものは百人百様。
自分で感じている課題だったり、苦手なことだったり、目標だったりするのかな。
いろんな人が考えた、「ひとにやさしく」する方法を、読みたくなりました。
ほかにはどんなのがあるかな。
たくさんあるんだろうなぁ。
私だったら「いつも笑顔で」とかかな。

またこんど、このバスに乗るのが楽しみになりました。

« 素敵なタイミング | トップページ | べっこうあめ »

コメント

ひとにやさしく、することは、じぶんにやさしく、することにもなると、私は思っています。私も日々反省ですが、やさしくありたいなぁ。

こんにちわ。
「ひとにやさしく」良い言葉ですね。私もそうありたいと思います。なかなか出来ることではないけれど、せめて相手に不快な気分を味わわせないよう心掛けてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3250623

この記事へのトラックバック一覧です: ひとにやさしく:

« 素敵なタイミング | トップページ | べっこうあめ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ