« サポート | トップページ | 秋の夜長 »

2006/09/23

亀様@桜丸

先日観た歌舞伎の演目のうち「車引」の感想を。
「車引」はふたつきほど前、三越歌舞伎でも観ていたので、舞台の環境によってレイアウトがまったく違ってくることがよーくわかりました。
歌舞伎座は舞台が大きいので、やはり絵的なおおらかさがあり、役者さんの動きも大きくて美しく、歌舞伎特有の「間」が感じられました。
三越のときは、松王丸、梅王丸、桜丸の3人のキャラがアニメキャラのようと書きましたが、歌舞伎座で観るとそれはあまり感じられず。三者の性質の違いは科白所作衣装あらゆるところで表現されていましたが、全体的に品のいいものになっていました。

今回の「車引」では、桜丸を亀治郎さんが演じられてて、観る前から亀様には桜丸はぴったりー♪と楽しみにしていたのです。
桜丸の繊細さとか所作のこまやかさやさしさ、諸処にわたりとても細かく演技されててとても素敵でした。
亀治郎さんて、役者さんとして体格に恵まれているほうではないと思うのですが、動きの美しさで目を惹かれてしまうところがあります。
それは、どんなに小さな動きであっても、どこもおろそかにしてない、微に入り細にわたって神経が行き届いている、そんな演技をされるからかなーと感じています。
そこから発せられるオーラが、とてもあるんですよねー。
来年は、大河ドラマにご出演ということで、それはそれでウレシイことです(私は大河はあんまり見ないと思うけど)が、歌舞伎座で観れる機会が減ってしまうのかなと、ちょっと淋しい気がします。
でも、亀治郎さんにとって新たな飛躍だと思うと楽しみですね。

ところで「車引」は、何度観ても歌舞伎らしさがいっぱいつまっていて、とても楽しめます。
衣装やふるまいも派手だし、見得や飛び六法などの歌舞伎の「ワザ」もたくさん観れるし、登場人物はみーんな歌舞伎らしい隈取りのメイクだし、話はわかりやすいし。
初めて歌舞伎を観る方には、この演目はお勧め!ですよー。

« サポート | トップページ | 秋の夜長 »

コメント

>みゅぅさん
うふふー。古典芸能、昔から好きなんですよー。詳しくはないんですけど。歌舞伎は学生の頃一時ハマってまして、いま第二次マイブームって感じです。きっかけは亀治郎さんですー♪

こんにちわ。
mamiさんは本当に歌舞伎が好きなんですね。きっかけはなんだったんですか?私も、日本人に生まれたんだから歌舞伎や能や狂言などを1度は観たいと思ってますが、なかなか機会が作れずです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3555768

この記事へのトラックバック一覧です: 亀様@桜丸:

« サポート | トップページ | 秋の夜長 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ