« 空 | トップページ | 日々、進化♪ »

2006/09/30

本質

とある方のお話を聞かせていただいて。
ものごとの本質とは、自分自身の本質とはなんなのかを、あらためてみつめることになりました。

私はインテリア空間をつくることを仕事にしていますが、その空間に来る人たち(やそこにいるものたち)が活性化することが空間の役割になればいいなと、思ってはいました。
でも、どうすればそうなるのかできるのか、なかなか明確にはわからなくて、流れにただ乗ってしまっていたりして。
なにが流行っているのか、なにが斬新か新しいか、なにがインパクトを与えるか。
デザインや広告はそういうものを求めている風潮が強くありますが(だってそうすると売れるから)、ほんとうに人が心から満たされるものは、もっと違うところにあると、私は観じているのです。

今日お話をお聞きして、それができるためには、自分自身を磨くしかない!とわかりました。
あちゃー!って感じですが、そもそも良くやるために方法論を求めてたほうが違ってたなとも思いましたね。
自分で気付いたことは実践する。
それはものすごく大それたことではなくて、毎日の小さなことの積み重ねです。
それが大きな力となって、いろいろなところに反映されてくるのでしょう。
モチロン、怠惰な自分も、周りに影響を及ぼすわけで、ほんとうに気をつけないといけません。
(水は低きに流れますからねー)
「自分くらい」とか「自分なんて」と思うことがイチバン危険なのだと、あらためて知らされ、
全力投球していても本質からでない場合があること(しかもその比率は高い!)を教えていただき愕然!でした。
本質をみつめ、直観から行動して、積み重ねていこう!とあらためて決心。
だからといって、肩肘はってくそマジメ(あれお下品!)に生きるのではなくて(笑)、毎日は楽しく過ごせるものなので、そうやって日々進化していけたらなぁと、思います。

そして。
この日この方のお話を聞くことができるようにサポートしてくださったみなみなさま、ほんとうに、ありがとうございます。
自分にとってまたとない大きな出会いとなりました。

« 空 | トップページ | 日々、進化♪ »

コメント

>みゅぅさん
うふふ、ホントに耳がいたい内容で。そうそう、素敵なひとが持っていると、100円が10000円に見えたりしますよねー。ものって、そういうもので、人が輝いてると素直に反応してくださるようです(とはこれまたその方の話)。人間よりすっと素直だって。おたがい、がんばりましょうー♪

う~ん、耳が痛い。私も毎日を大切にしっかり生きていかなければいけませんね。
確かに、癒しとか元気を与えるとかって、物より人からのほうがより効果がある気がします。鈍感な私の意見ですが、アロマテラピーよりも主人と話してたほうが癒されます。元気に頑張っている人を見たり、話たりすると、元気をもらいます。輝いてる人を見ると、私も輝きたいと思います。100均の物だって、素敵な人が持ってると10000円に見えたりします(言いすぎ?)。きっと、mamiさんが今以上に素敵な女性になったらお客さんも今以上に喜んでくれるかもしれませんね。
言ってることが、ピントがずれてたらごめんなさい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3649235

この記事へのトラックバック一覧です: 本質:

« 空 | トップページ | 日々、進化♪ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ