« 「オクリモノ」 | トップページ | 秋の夜は眠いー。 »

2006/10/11

プランの日

今日は丸一日、プランのためまったく外出せず。
普段は、なにかしら出かけなければならない用事があって、こうしてプランにかける時間を一日とることってなかなかできないので、とっても良かったです。
電話も少なく(某クライアントがお休みの日のせいもある)落ち着いて仕事ができました。
でも、こういう日は、へたするとホントに一回も外に出なくなる!
夕方に、やっと郵便物を撮りに行ったりして、それで「あー今日はじめて靴はいたー」なんて。
それはそれで体にも気持ちにも良くないんで、お散歩に行くように心掛けています。
今日はお買い物がてら近所をぶらぶら。
新しい道を通って、思いがけず保育園をみつけて園児たちの歌声に癒されたり、なんでか猫がたくさんいる道に出会って瞬時にネコおばさんになったり。
大きな事件はないんですが、いつも通る道とは違う道を歩くと、視点が変わったり発見があったりするので、とっても楽しみです。

« 「オクリモノ」 | トップページ | 秋の夜は眠いー。 »

コメント

>みゅぅさん、今年も紅葉の季節ですね〜早い!
私も家にいるのは大好きです。日頃は仕事で外が多いので、家にいる時間が大切だったり。家も「兼仕事場」なので、家で仕事するのが好きなんですよ。
でもやっぱり、お散歩くらいは行かないと、あまり中にばかりいると自分が滞っちゃう気がして(^-^;
私は怠け者なんで、家にいる時もできるだけちゃんと着替えたりしないと、ダラダラしちゃうので、気をつけてます。

こんにちわ。
模様替えされたんですね。秋っぽくて良い感じです。
私はゴミ捨ての時しか外に出ない日が多々ありますよ。全然平気です。最近手芸にはまってるので多いかもしれません。そういう日はお化粧もしません。洋服も適当です。私は1日中家に居る日がないとストレスが溜まります。もともと「引きこもり主婦」なんです。友達も分かっているので月に1回までしか誘ってきません。それでも、一応毎週誰かとは遊ぶんですけど…。ここ1年で1番引きこもったのは1月でした。12月に半年勤めたパートを辞めてからは1ヶ月半位引きこもりました。ちょうど友達たちも忙しかったみたいでお誘いもなかったので、食料の買い物程度しか外出しませんでした。で、1ヶ月半位経って何人かの友達に「いいかげんにしなさい」って言われてようやく外に出ました。
私も少しはお散歩するとか考えなくちゃ駄目ですね。いい時期ですものね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3787184

この記事へのトラックバック一覧です: プランの日:

« 「オクリモノ」 | トップページ | 秋の夜は眠いー。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ