« プランの日 | トップページ | プレゼンテーション »

2006/10/12

秋の夜は眠いー。

さきほど仕事から戻り、電話連絡やスケジュール調整をして、さぁ仕事にかかるぞ!と思ったのですが…ぱったりと寝てしまいました。。。
毎週末プレゼンがあって、寝てる場合じゃないのにー!
でもでも、秋って、夜眠くなりますよねー?
春は朝寝が心地よいように。
あーでも!そんなバアイじゃないのだー!
これから仕事にかかります(笑)

« プランの日 | トップページ | プレゼンテーション »

コメント

>みゅぅさん、秋の夜長というのにねー。私はなにやってるんでしょう…(^-^;
この日も、気付いたら照明もつけっぱなしで、寝てました〜。必ず2,3時間で起きますが。トホホー。

秋の夜長とは言いますが、秋の夜は毎年充実して過ごしてます。夫婦で読書にふけたりして。
でも、今年は主人が学会発表があり、研究だの論文だので忙しく、私は1りで手芸してます。主人の帰りが遅い(と言っても20時位)ので、夜長を楽しめてません。
最近は朝が寒いですよね。トイレに6時ごろ起きちゃいます。これからどんどん寒くなって布団からなかなか離れられなくなりますよね。お弁当作り続行できるか不安です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3787199

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜は眠いー。:

« プランの日 | トップページ | プレゼンテーション »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ