« 作陶展 | トップページ | 三響會 »

2006/10/25

蜘蛛ちゃん

住んでいるマンションの外壁工事が始まってから、なんとなく家の中に虫が増えたみたいな気が…(笑)
今までは共用庭には人通りがほとんどなくて静かだったのですが、足場がかかり、工事の人たちが何人も外を歩くので、騒がしくなったからでしょうか?
いるところがなくなったのかな。

毎日、ちいさな蜘蛛がいるんですよ。
つかまえようとすると、チョーンと飛んで逃げるような身軽な蜘蛛ちゃんです。
体長5〜6ミリといったところ。
つぶしたりしたらかわいそうなので、ティッシュでそっとつかまえて外に逃がすのですが、出しても出してもまた家にいるんです。(おんなじ子かどうかは知る由もありませんが)
どこから入ってくるのでしょう。

蜘蛛は一般にはあまり人間には好かれてませんが(私もそんなに得意じゃありません)大切な家の守り神だという言い伝えもあります。
ご縁もあるようなので(笑)丁重にお詫びして、外に出てもらっています。

« 作陶展 | トップページ | 三響會 »

コメント

>みゅぅさん、私は虫は全般的に大丈夫なんですけど、大きい蜘蛛はちょっとね(笑)いま毎日出てるのは小さい蜘蛛なので平気です。ご主人がいるときに出てね、って言えば虫も聞いてますよ、きっと。

私も虫は苦手です。蜘蛛って知らないうちに家の中にいますよね。結構大きい蜘蛛が歩いているとびっくりします。本当は殺生はしないほうがいいのでしょうが、ティッシュに取って持ち運んでる間に抜け出して手を歩かれるのが嫌で、やってしまいます。ごめんねって思いながら。主人が居るときは主人に逃がしてもらうようにしてます。主人も「逃がしてやりなよ」と言います。だから、虫さん、主人が居るときに出てきてくださいって思います。勝手な言い分ですけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3955038

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛ちゃん:

« 作陶展 | トップページ | 三響會 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ