« smile is beautiful! | トップページ | 作陶展 »

2006/10/23

逃した鰹は大きい

今日は一日「歌舞伎デー」の予定だったのですが、仕事が山積!
で、とうとう昼の部は諦め、やっと夜の部に滑り込むという、本日もまたギリギリな女のワタクシ。

夜の部では忠臣蔵の五段目六段目、俗にいう「お軽勘平」の段で、お軽を菊乃助さん、勘平を仁左衛門さんというまたとない配役だったので、なんとしても見たかったんですよ。
これは今年のお正月に、浅草で勘太郎さん七之助さんで上演されていて記憶にも新しかったので、型の違いとか母・おかやの絡み方の違いとかがつぶさにわかってとても興味深かった、の、ですが…。
日頃の睡眠不足がたたって、途中何度も意識を失ってしまいましたー!(T_T)
楽しみにしてたのにー!!
ホントくやしいー、という感じではありますが、さすがに数回観ている演目なので、要所要所で目がさめるんです。(ホントか?)
なので、観たいところはいちおう意識の中に(笑)
最後の、勘平が切腹するシーンなんかは、勘太郎さんたちがなさったものとは演出も全然違っていて、母・おかやの存在感がとても大きく、浅草で観たものだと切腹をする悲劇性が印象深かったのですが、こちらは(きっかけは早まったとはいえ)「納得して死んでいく」という感覚が見られてすこぅし、すこし、ですが安らかな感覚(私がですけど)になりました。
それから、父・与市兵衛を殺してしまう悪党・定九郎を、海老蔵さんが演じたのですが、カッコ良かった!
私はこの役の、たった一言の「五十両〜」っていう科白が、好きでねぇ。
たった一言だからこそ、演ずる役者さんがこの役にかける思い入れが、端的に出てくると思うのですよ。
海老蔵さんは、すごみがあって色気もありましたね。
あと、猪が好きで、これが花道から走って登場すると、わくわくしちゃうんです。
歌舞伎の動物って、役者さんがかぶりものしているんですが、この猪、なんだかまるっこくて可愛いんですよ。
そしてそして、仁左衛門さんは立居振る舞いがどこをとっても美しく、ほんとうに絵になる役者さんです。
科白も、聞かせどころのめりはりなど、とてもわかりやすくかつ美しく、リズムやイントネーションや感情の乗り方など、とても一朝一夕ではできないんだろうなぁと思われる緻密さと自然さでした。

昼の部を見ることができなかったので、筋書きでだけでも楽しみたいと思って購入しましたが、それを見たら、もうもう、無理してでもやっぱり来たかった〜と思うものばかり。
大好きな素材安倍保名とか、團十郎さん海老蔵さん菊乃助さん揃い踏みの「寿曽我対面」はいかにも華やかそうで見応えありそうだったし、仁左衛門さんの舞踏「お祭り」も、観たかったなぁ。。。
逃がした魚は、大きく見えます。
ちなみに、「鰹」は夜の部2演目めの「髪結新三」でうまいこと使われていた小道具です。
つぎは、落とすことなく、きっちりスケジュールを組みたいものです。

« smile is beautiful! | トップページ | 作陶展 »

コメント

>みゅぅさん、仕事がつまっているのに、今週はたくさん遊ぶ予定もあって(^o^; だからっていうのもあります。お芝居のチケットとかって、かなり前に予約するから、状況が読み込めない時も多いんですよね。ま、仕方ありません(笑)

こんにちわ。
残念でしたね。mamiさんは歌舞伎大好きですものね。次回は今回のようなことにはならないよう、仕事が落ち着いてると良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3934641

この記事へのトラックバック一覧です: 逃した鰹は大きい:

« smile is beautiful! | トップページ | 作陶展 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ