« プレゼンテーション | トップページ | 職人技 »

2006/10/14

花束

他ブログさんで、フラワーアーティストの方がご自分の作品を紹介されてるのですが、毎回とても素敵なのです。
今日見にいかせていただいたら、「喜寿のお祝い用に」と依頼されたというお花がアップされていて。
お花の素敵なことはもちろん、どんな方の手元に届くのかなぁと思うと、とても暖かい気分になります。
そういえば最近、私はひとにお花をあげてないなぁと思いました。
だれかにあげるために花を選ぶのは、とてもシアワセな作業ですよね。
特別なイベントがなくたって、さらあっとお花をあげることができたら素敵です。
きっと、ここ数年、だれからももらってない父とかに、あげてみようかな♪

…などと思って、なんだか期待感できもちが膨らんできて。
近所にも、いいお花めずらしいお花を扱っているお花屋さんが何件かあるので、さっそく明日にでも行ってみよう。
嬉しいなぁ。ありがとう!

« プレゼンテーション | トップページ | 職人技 »

コメント

>みゅぅさん、ピンク好きなんですか。恥ずかしいことないですよーピンクの花束可愛いもん!ご主人のご両親がくださるなんて素敵!ピンクが似合うって思われるって、みゅぅさん優しい雰囲気なんでしょうね。

>eikoさん、コメントありがとうございます。ここ2日間ほど、投稿ができなかったんですよ。2度もしてくださってありがとうございます。eikoさんのお花、本当に素敵です。
リンクもありがとうございます。私も貼らせていただきますね♪また伺います。

こんにちは!コメントしたら、反映されなかったのはサーバーメンテだったのですね。2重投稿になったらご迷惑かと思って、今頃になってしまいました。素敵な記事をありがとうございます。自分の仕事を褒めていただけると、ほんとうに励みになります。また覗きにきたいので、リンクさせていただきますね。(不都合でしたら言ってください。)ではでは・・・

私も花屋さん好きです。いろんな花があって、テンションが上がってしまいます。
私は短大の頃、友達の誕生日には必ず花を贈ってました。誕生日の花なので誕生月の花を使って花束を作ってもらいました。それから、その子のイメージの色の花とか。
結婚してからは、主人の両親が私の誕生日には毎年花束をくれます。嬉しいです。主人の両親の私のイメージはピンク色みたくって、毎年ピンク系で作ってもらうみたいです。ピンク好きなので嬉しいのですが、なんとなく恥ずかしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3809500

この記事へのトラックバック一覧です: 花束:

« プレゼンテーション | トップページ | 職人技 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ