« 「薬指の標本」 | トップページ | smile is beautiful! »

2006/10/21

マイブーム

さいきんの私の中でのひそかな(?)ブームは「お水」です。

四六時中、お水をよく飲んでいますが、なによりも朝目覚めたら一杯。これはおすすめです。
まだ半分以上寝ぼけているような状態で飲むんですけど。
この一杯が、カラダを目覚めさせてくれて「あーカラダが動き始めた!」と実感できますよー。
お腹も減ってきて朝ご飯も美味しくいただけるし、トイレにも行きたくなるんです。
お水を飲みつけると、お茶とかコーヒーとか、他の飲み物は自然と、ぜんぜんいらなくなります。
フシギですね。

お水の質も、やはり美味しくて安全なものが良いですね。
市販のミネラルウォーターでしたら「バナジウム天然水」がお気に入りです。
それから、お水の成分を浄化させる、小さな変換器(というのでしょうか)を最近使い始めて。
これがまた、いいのですよ。
どこにでも持っていけるから、どこでお水を飲んでも安心です。
味がまるくなって、とっても美味しいお水になるんですよ。

ひとのカラダは70%は水でできているのですから、良いお水を摂っていれば自然と体内も浄化できようというもの。
新陳代謝を良くして、クリアーな体をつくって…と。
クリアーな自分に、なりたいですねー♪

« 「薬指の標本」 | トップページ | smile is beautiful! »

コメント

>edaatsさん、ありがとうございます!私も「水からの伝言」という本を持っています。たぶん同じような内容のものですよね?
「ありがとう」のお水の結晶がとても美しくて、それ以来「ありがとう」と書いたシールをつくって貼っています(^-^)

「水は答えを知っている」という本があります。
水の神秘性を結晶を通して解説した面白い本です。
近々、BLOGで触れるつもりですが、推薦します。

>カビリアさん、コントレックスもとてもいいみたいですよね。私も時々飲んでます。
「お水よければすべてよし」てカンジですね。
でも逆に、浄水器をつけたりしないと安心してお水を飲めないのもなんだかなぁ…って思いますけどね。

mamiさん、こんばんは!
お水って大切だなあって同感です。
私もお水を買って飲んでいるんです(コントレックスです)。
確かに、朝はじめに飲むお水って大切ですよね。ちゃんとしたお水を体に入れたいものです。お茶を淹れるにしてもお水が美味しくないと駄目ですしね♪
mamiさんのようにちゃんとした浄水器を取り付けたいのですが、今の私はとりあえず「バナジウム天然水」から真似させていただこうかな(笑)。

>二郎さん、コメントありがとうございます!そうなんです、本当に体に染み通る感触なんですよね。ぜひやってみてください。
リンク、ありがとうございます。私もリンクさせていただきますね。また伺わせていただきます。二郎さんもお忙しいと思いますが、またいらしてくださいね。

初めまして。
私のブログにコメントを下さり、有り難うございました。

寝起きに水一杯、染み通るようなリアルな感触がありますが、本当に
体にも良いようですね。私もやってみようと思います(分かっている
のにやらない(苦笑))。

なかなか他の方のところにうかがえないのが心苦しいのですが、よろ
しかったらまた見にいらして下さい。
リンクさせて頂きますので、問題がありましたらご指摘下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/3912599

この記事へのトラックバック一覧です: マイブーム:

« 「薬指の標本」 | トップページ | smile is beautiful! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ