« 読書の晩秋? | トップページ | ひとりごと »

2006/11/21

三之助すごい

「息子さんチーム」花形歌舞伎@新橋演舞場 に行ってまいりました。
日曜日の深夜から、なぜか体調が絶不調。ノドとか咳とか気にしながら、迷惑かからないように水やら飴やら、寒くなってもいいようにストールやら、いろいろ持っていって大荷物(笑)でもなんとか無事に観終えて、よかったー(^-^)v

息子さんチームは三之助中心の布陣。(三之助さんとは、松緑さん(もと辰之助)海老蔵さん(もと新之助)菊之助さんのお三方です)
歌舞伎座で行われている、重みのあるお父さんチームの顔見世もよかったけど、こちらはこちらで若々しい舞台でなかなかでした。
というか、観る前は私の中では「顔見世」が圧倒的優位だったので、「みなおしたー!」って感じです(何様)
どの演目もそれぞれに見応えがあって「がんばってるなー」という印象だったし、彼らが次代の歌舞伎を背負っていくんだというホンキの覚悟みたいなものを感じたし、とても満足して帰ってきました。
とはいえ、猿之助さんが指導した狐忠信なんかは(よかったんだけど)ちょっと複雑な思いだったり、細かいとこではいろいろ感じたこともあったんですが…。

またぽちぽち、感想を書こうかな、なにより自分の中で整理するために。
明日のために早めに寝ようっと。

« 読書の晩秋? | トップページ | ひとりごと »

コメント

>みゅぅさん、仕事は年末はあんまり関係ないんですけど(まんべんないので)その他でいろいろ忙しいですよね。仕事のレビューや家のことやお正月の準備や。風邪が流行っているようなので(私はめずらしく流行りにのってしまった模様)みゅぅさんも気をつけて。

こんにちわ。
相変わらず、歌舞いてますね。mamiさんらしいです。
また、エネルギーいっぱいになってお仕事頑張ってくださいね。
mamiさんのお仕事は年末とかあんまり関係ないのかな?一般的には忙しい時期ですものね。身体には気をつけてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4268718

この記事へのトラックバック一覧です: 三之助すごい:

« 読書の晩秋? | トップページ | ひとりごと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ