« 水のはなし鬼のはなし | トップページ | ひとりごと »

2006/11/02

本の誘惑?

数回目のプレゼンを終え、まだまだやることは山積しているものの、全体的に少しめどがたってきました。
ので、帰りがけにブラブラ。
以前から靴を買おうと思ってて、一目見ていいのがあったので即購入。
私の足に合わせるために、型をのばしたり敷き皮をしいたり、に小一時間かかるというので本屋さんに行く。
そしたらつい…。

ブラブラしてたら必ず目に飛び込んでくる本があるのよ必ず。
背表紙が盛り上がって見えるの!ホントだって。
さいきん歌舞伎に嵌り出したせいで、歌舞伎はもちろん古典芸能とか神話とか民俗とかにまた興味がひかれているので、そういうものについ目がいってしまって。
で、なんだか梅原猛とか中沢新一とか吉本隆明とか。
ほかに前から読みたかった香川照之の映画の話とか。
歌舞伎に関してのものとか。
建築・デザインの雑誌とか。
いつの間にか何冊も抱えていて、さすがに重いしお金かかるしいちどにこんな読まないしと思って3冊に絞りました。
移動中くらいしか読む時間がとれないのですが、ぼちぼち読もうと思います。
並行してきっと、小説とかまんがとか、読むんですよね。

ちょっと時間があいて、本屋さんとか図書館に行ったりすると、ついつい何冊も抱えて帰ってくる私。
(図書館のときなんて、それはスゴイ)
だって、本が語りかけてくるんですもん!
おかげで今日も荷物がとっても重くなりましたが、本を選んでいるときって、とってもシアワセです。

« 水のはなし鬼のはなし | トップページ | ひとりごと »

コメント

>みゅぅさん、読みたいと我慢できませんよねー。でも、2冊までって決めてるみゅぅさんは、エライ!私も、3冊に絞って、エラかった!(ついでに自分もほめてあげるの)
みゅぅさんも、面白い本があったら紹介してくださいねー。

わかります。これも読みたい、あれも読みたいと増え続けてしまいます。読みたいと思ったら、その場で欲しくなってしまいますよね。でも、私は2冊までと決めて買いに行きます。また、面白い本と出会ったら教えてくださいね。
それから、お仕事1段落着いたようでよかったです。

>すぱいらるさん、そうですよね!呼ばれますよねー。
すぱちゃんは重い荷物は避けないと!私も、重たいもの持ちたくなくてアマゾンとかもよく利用するけど、本屋さんであるみたいな「出会い」はないですよねー。「出会い」にはトキメクもんね。
ちなみに「対称性人類学」「神と仏・第三巻 神仏のまねき」「日本魅録」。一般的に興味もたれるモノではないなぁ。小説は今回はナシ。

mamiさん、こんにちは。 本屋で本が呼ぶ!ものすごくよくわかります。何か本に呼ばれるんですよね?私もよくあります。体調をくずしてから、重い荷物をもって歩かないようにしてるのですが、先日整体の帰りに本屋に寄ってしまい買い込んでしまいました(苦笑)。mamiさんの買った本も気になりますー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4046521

この記事へのトラックバック一覧です: 本の誘惑?:

« 水のはなし鬼のはなし | トップページ | ひとりごと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ