« ひとりごと | トップページ | たいせつ »

2006/11/23

松緑さんの光秀

「三之助すごい」と先日書きましたが、いちばん株が上がったのが(モチロン私の中で…超僭越なり)松緑さん。
良くも悪くもいままで特に印象に残らなかったというのが正直なところ。(ご贔屓の方に叩かれそう〜)
でも、今回の「花形」に出演されてる演目のどれも、たいそう印象に残ったのが松緑さんでした。

ことに夜の部一本目「時今也桔梗旗揚」の光秀役は、とっても良かったです。
いえ単に、観る前は私の光秀像が松緑さんに重なっていなかっただけですが。(見た目のことです)
これって、上演時間が長くてそれなりの見せ場はあっても今回「花形」のラインナップにあっては比較的地味な印象だったと思うのです(私だけ?)
でもそれは松緑さんの演技でふっとんでしまいました!
いままでの松緑さんの印象は、見た目もさることながらその大振りな存在感!豪快で明るくて気っぷがよくて。
(だから逆に「光秀?」と思った)
でもこれを演じるにあっては、とても繊細で押さえた感情を良く表現し同情を誘い、だからこそ馬盥のシーンは可哀想で、決心を爆発させるラストの感情のたぎりは切に訴えるものがあり。
ホント、ホントにみなおしましたー!(何様)
お稽古の成果っていうのは、一朝一夕には出ないけれど、こうして確実に積み重なっていくんですねきっと。
あの役を、若々しささえ感じさせながら繊細に演じるのは、すごいことだと思いました。

同じく昼の部「番町皿屋敷」の若旦那役も、信頼を裏切られた悲しみを、やはり繊細に演じていて好感が持てました。
このたびの松緑さんのキーワード、 「繊細」 ですね!なんといっても。

でも「番町…」ってお菊が幽霊になって出るくだりが有名ですけど、今日の話の流れだと納得して死んでるし、化けて出るほどでもないような…いやそれが女心なのかな。
好きな女が信頼してくれなかったといって、傷ついて殺す、男の気持ちもわかるようなわかんないような。

« ひとりごと | トップページ | たいせつ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4288931

この記事へのトラックバック一覧です: 松緑さんの光秀:

« ひとりごと | トップページ | たいせつ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ