« 「歌舞伎展」 | トップページ | 「伽羅先代萩」 »

2006/11/08

亀様不足

今日は11月吉例顔見世大歌舞伎でございます。
歌舞伎座を出たときに、月があまりにキレイに歌舞伎座の上にかかっていたので写真を撮ったんですが、ぼけぼけですねー(笑)ていうか、私がいま持ってる携帯だとこれが限界、みたいな。

※あんまりなぼけ具合でしたので、削除しました。
 ご覧になった方、いるかなー?(笑)

今月は顔見世ということで、歌舞伎座は蒼々たる面々、菊五郎さん團十郎さん仁左衛門さん段四郎さん…の「お父さん」チーム。
いっぽう演舞場は、菊乃助さん海老蔵さん松緑さん…の「息子さん」チームで興行を行っています。(これはまた後日観にいくのよーん)

「お父さん」チームは、みなさんさすがの技量で、見応えあったんですけど、私的には、アレですよ(って何)、もうねー。。。
ワタクシ、早くも「亀治郎さん不足」ですよ!
段四郎さん見ると亀治郎さんを連想しちゃうし、長袴で踊っている菊五郎さん見れば亀様の踊りを思い出すし、あ〜あ。
ちょっとした喪失感です(苦笑)
まっ、仕方ないんですけど、でも毎年出ていた「新春浅草歌舞伎」にも来年は出演しないのは淋しいー。
考えてみれば、いままでほぼ毎月亀治郎さんの舞台を観れていたので…。ゼータクだったかなー。
見れないと思うとますます見たくなるのが人情ってもんでしょ?
パリにいっちゃおっかなー(笑。来年3月のパリ公演には出演されるのです)なんて。

そんなことでちょっと淋しい気持ちで帰宅してからは、いまかかってるお仕事の、予算が急にけずられちゃって、プラン変更をちまちま、やってます。
これまたせつないー(^o^;;;
しかも明日の朝までに結論出さないと、納期に間に合わない。
なんてこった!がんばるぞっ!(もうヤケだい!)

今夜はせつないながらもがんばりますので、歌舞伎の感想はまた後日。てことで。あははー。

« 「歌舞伎展」 | トップページ | 「伽羅先代萩」 »

コメント

>みゅぅさん、堅ちゃん不足なのねー(笑)お互いDVDやテレビで、不足を補いましょう!
って、私、亀治郎さんのDVD持ってない。パルコ歌舞伎のDVDが出るので買っちゃうかも〜散財だわ。寒いのはフトコロのほうです(笑)

こんにちわ。
私も気持ちわかりますよ。実は、平井堅ちゃんのライブに年に1度は行ってたんです。と言っても、4年前からなんですが。で、今年もクリスマス近くにやる「Ken's Bar」という、しっとりライブに行くつもりでした。でも、ファンクラブからの通知がきてびっくり。今年は名古屋なんです。しかも、火曜日。もう、絶対無理だと諦めました。すごく楽しみにしていたのに~。堅ちゃんが足りないよ~。DVDで我慢するしかないよ~。
mamiさんも、亀治郎さんが足りないんですよね。一緒ですね。今年の冬はいつもより寒く感じるかもしれません。寂しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4117721

この記事へのトラックバック一覧です: 亀様不足:

« 「歌舞伎展」 | トップページ | 「伽羅先代萩」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ