« 亀グッズ | トップページ | 初物 »

2006/11/17

残らない残さない

待ちに待った大人計画・クドカン作品のウーマンリブ、今回はその名もずばり「ウーマンリブ先生」。
仕事を懸命に切り上げ、お芝居好き友人Mちゃんと、楽しみに出かけましたよ。
前評判などなんにも聞かずに行ったので、ものっすごいエログロ下ネタオンパレードにびっくり。
大人計画のエログロには慣れてるとはいえ、今回のはホント盛り沢山過ぎて、いっかい引いたらもとに戻れず全然笑えなかった…。
でもって全然つまん…(以下自粛)エログロだからってだけじゃなくて。

そんな中で、松尾スズキと古田新太という二人の主軸の存在感は重要でしたねー。
芯のある役者が出てるというのはそれだけで、全体のブレを修正してくれる。
そういう意味では、なんにも残らなかった前回「七人の恋人」より中身は濃かったように思います。

クドカンの書くものって、プロットが欠片のようにひらひらと散っていって風に吹き消されてしまうような、なにか芯がないような印象をいつも受ける。
映画やテレビの脚本ではそんなに感じないんだけどな。
ほんとうは、そういう、なんにも残らないようなものを、書きたいのかなぁ。
ブレてることを、表現したいのかなぁ。
そりゃ究極的には、すべてのものはかたちを残すことはないと思うし、「芯」のとおったものを追求することは今の世の中ではかなりムズカシイとも思うけど。

それにしてもこの作品、DVDとかにできないんじゃないの?
少なくともTVとかでは放送できないですねー。(私が心配することじゃありませんけど)

« 亀グッズ | トップページ | 初物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4227259

この記事へのトラックバック一覧です: 残らない残さない:

« 亀グッズ | トップページ | 初物 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ