« 顔見世花形余談 | トップページ | サロン・ド・リッラ »

2006/11/29

下弦の月

昨日一昨日とぜんぜん声が出なくてしゃべれず、身動きとれない状態だったのですが
夜になって「この声だったらブルースがいけるねぇ!」くらいなハスキーボイスに回復してきました。
無理してまたひどくしたらいけないので、気をつけてます。
しゃべらないように努めたり、トローチをなめたり、うがいをしたり、
いろいろ気をつけましたが、いちばん効いたのはきっとコレ!

その名も「ササヘルス」
クマザサの抽出液なんですが、これを水でうすめて飲むだけ。
色はどす黒くて藻がいっぱい張った池の水みたいで味もなんか古くさーい香が。
でも、罰ゲームにするようなまずさはぜんぜんなくて、私は普通に飲めます。
疲労回復、口内炎などによく効くらしいです。血液もさらさらになるんだって。
クマザサ、って堅そうで水分なさそうで食用としてはあまり発想がわきませんが…あっ、でもパンダが食べるのってこれでしたっけ?
すごい効能を持っていたんですね。知りませんでした。
おかげさまで、今は続けて3分くらいはしゃべれます(笑)

少し声も回復し、ずっと気にかかっていた仕事もそろそろ先が見え始め、ちょっと肩の荷がおりてきたかなー
と感じつつ帰宅した夜の空に
キレイに半月がかかっていました。
今夜は下弦の月なんですね。
月をみると、いつも心がふわっと軽く優しくひろがっていきます。
なんだか、ここ数日間、くぐもっていたことが少しづつ、とけだして空にたちのぼっていくような。
そういうタイミングで、きっと私は月を見るのでしょう。

« 顔見世花形余談 | トップページ | サロン・ド・リッラ »

コメント

>みゅぅさん、なぜか今回は長引いてます。いつもは仕事して気が張ってれば治っちゃうのに…。
仕事がつまってたのであまりゆっくり休めないのがイタイですね。
でも、来週はすこーし時間がありそうなので、1日くらいは休みを取ろうかと思います。
みゅぅさんもお大事にね。

こんにちわ。
体調少しずつ良くなってきてるみたいで安心しました。ただ、治りかけが肝心ですから、全快するまで気を緩めずに。
なんて、私ものどと鼻水の風邪をひいてしまいました。熱が出ないので、それだけは救いでした。ただ、今週は友達との予定が入っていたので、ゆっくり出来ないのが難点でしたが、それも今日まで。明日からは大人しく編み物でもします。主人は出かけるのを反対してますが、悪化もしなかったので渋々納得してくれました。ただね、友達にうつさないようにマスクをして出かけてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4363662

この記事へのトラックバック一覧です: 下弦の月:

« 顔見世花形余談 | トップページ | サロン・ド・リッラ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ