« オクリモノ余談 | トップページ | 想定外 »

2006/12/08

家でゆっくり。

今日は一日家でおとなしくしてました。
プランがはかどりました。
肉じゃがと煮豆をつくりました。

テル@僕の歩く道 ふう(笑)

いつの間にかマンションの外壁塗装工事のために窓に張り付けられてたビニールシートがはずされていてびっくり。
外壁の塗装がすべて完了したらしいのです。
前より光がたくさん入ってきて、快適!
久しぶりに日中家にいたので、よけいに嬉しく感じます。
2カ月あまりにわたって行われてきた工事も、いよいよ大詰めです。
今回工事に入ってくれた業者さんは、とっても親切でおだやかで、良くしてくれました。
外壁の工事だから、バルコニーに出しているもの(植物やバルコニー床に敷いてるもの)を、すべて片付けなければならないのだけど、こちらでどうしてもできない水道の配管を外すのとか、大きい植木の移動とか、とても気持ちよくやってくださって、ほんとに助かりました。

リフォームなんかもそうなんですが、住みながら工事をするのって、とても大変なことで、
住んでいるほうからすれば、騒音・振動はするし、落ち着かないし、工事用シートで覆われて閉塞感があるしで、結構ストレスたまるんですよね。
そして、工事する側からすれば、なるべく音をたてないように、住人に迷惑がかからないようにと、新築で誰もいない現場よりは何倍も気を使うのです。
今回の現場監督さんは、毎日エントランスの掲示板に「今日は○○工事をします」「お洗濯ものを外に干すのは○日から○日まで控えてください」など、とっても細かく工事状況を説明してくれて、
掲示板だけではなくて、各住戸の玄関ドアにお知らせを貼って注意を促してくれたり、
いつでも相談にのってくれたりして、
ほんとうにこまやかに面倒をみてくださいました。

私はいつもは、工事をする側の立場で仕事をしていますが、今回施主側の立場も経験させていただいて、とても勉強になりました。
どう説明されれば安心できるのか、理解できるのか。
あるいは「こんなにしてくれて、ありがとう」と相手に思ってもらうまでにはどれだけやらなければならないのか。
並大抵の労力ではないはずです。
そんなことを、あらためて教えていただいて、感謝、感謝、なのでした。

毎日のように会っていた監督さんに工事が終わったら会えなくなっちゃうのは、ちょっと淋しいかもー(笑)
こんど、あたたかいものでも差し入れしようっと。

« オクリモノ余談 | トップページ | 想定外 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4475168

この記事へのトラックバック一覧です: 家でゆっくり。:

« オクリモノ余談 | トップページ | 想定外 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ