« 「神仏のまねき」 | トップページ | RAG@NHKホール »

2006/12/05

きょうもうれしい

今日はまた、ことなる方と心からの話をしました。
こんなことを言っていいのか?そう感じるのはおかしいか?と
思っていた自分を翻し、観じたままを言葉に出すのはいささか勇気が必要でした。
言葉に出してしまうとより状況が現実化されてしまうようでとまどいがありました。
けど、結局それは観じたままのことで。
観じたままが嘘いつわりないものだったので。
やはり私は、自分が素直に観じたことはたいせつにしようと思ったのです。
そして、その状況を正しく受け止めた上ではじめて、自分の役割や接し方が定まることもあらためてわかりました。

そして、以前、病気とかなんらかの障害物なんかが現れるのは「まなび」なのだと書いたことがありますが。
だからいまの私の長く続いている体調不良も、ずっとどういう意味なのかと考えていましたが。
今日話して霧が晴れるように見えたことがありました。

ありがとう。
ありがとう。
(…さっき「僕の歩く道」見てたからSMAPの歌がぐるぐるしてる〜笑)
ああでも、ほんとうに、「ありがとう」ってしか、ないんだよ。
それ以外なんにも、ないんだよ。

« 「神仏のまねき」 | トップページ | RAG@NHKホール »

コメント

>みゅぅさん、そうですね、なんか毎日のように来てくださるので、ちょっとご無沙汰なかんじ?(笑)いつもありがとうございます。
言葉を口にしたとたんに、それが実現化されるエネルギーになるって、よく聞きます。そのとき口にしたかったことはちょっとマイナスのものだったので、躊躇したというわけ。でも、それは本当のことだったので、口にすることによってむしろ異なった方向に導けるチカラとなりました。
ほんとうに感じたことは工夫して伝えたら良いし、思いもしてないのにその場の雰囲気で口にしちゃうのはいまひとつ。上手い上手くない、はあんまり気にしなくてもいいんじゃないかなと思いますよ。

こんにちわ。
ご無沙汰しちゃいました。
まだ、体調が本調子ではないのですね。しっかり治してくださいね。
う~ん、他人と分かり合うのって凄く難しいですよね。mamiさんが書いている通り、こんなこと言っても平気かな?とか、やっぱり考えます。自分の気持ちや感じたことを上手く言葉に出来なくて誤解されたりすることもあります。言葉にするって怖いですよね。1度口から出てしまったら、戻すことは出来ないし、なかったことにも出来ない。自分の心を上手く表現することろから私はやらなくてはいけないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4441504

この記事へのトラックバック一覧です: きょうもうれしい:

« 「神仏のまねき」 | トップページ | RAG@NHKホール »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ