« チケットチケット | トップページ | しわす »

2006/12/14

浅草

浅草歌舞伎には辛口友の会の面々と参ります。
この方たちとは7月歌舞伎座に行って玉様を堪能いたしました。
で、新年だし浅草だし、久々の歌舞伎もいーねー!ということになりました。
(毎月行ってるのは私だけでございます。えへ)

チケットが届いたので皆様にお送りしましょ、ついでに先日歌舞伎座で調達してきたチラシも入れましょ、とあらためてチラシを見たら、背景の浅草寺の絵のなかに、私服姿の出演者さまがたがいらっしゃるではないの。
…今まで、気付いてませんでした(ごめんなさい)
でも、見たところ5人しかいない。
えー、なんで?紋付を着てかっこ良く写っているお歴々は6人でしょ。

と思って凝視したら、いましたよ!亀鶴さーん!
五重塔にぶらさがっていらっしゃる。
毎年浅草のチラシは笑わせてくれますが、今回も若々しく微笑ましい。。。

みんなで行く浅草が楽しみです。

« チケットチケット | トップページ | しわす »

コメント

>はなみずきさん、えー、そうなんですか?仲見世はいろんなお店があって味わいがあって、おもしろいですよね。お芝居を観る以外にも、それも楽しみだったりして…。
こんど、おすすめのお店とか、教えてくださいねー!

>みゅぅさん、私も友人も「ツウ」にはほど遠いんですが、それなりに楽しんでます。「ツウ」ぶらず感じたことをストレートに言い合える、ホントに素朴な観劇をしてるんですよー。楽しみです♪

>SwingingFjisanさん、するどいっ(笑)辛口は、両方なんです〜。みんな、歌舞伎のことはよくわからないんですけど、言いたい放題で。でもそれもまた楽し。そして、辛口のお酒もみなさん、いけまする。気のおけない楽しい面々です。
ポスター、亀鶴さん、「保護色」ですよね?一瞬、わかりませんでした。

ウチの店長、よく浅草に大衆演劇?観に行くそうですよ。浅草は高校の帰りによく友達と仲見世を歩きました~。小さな頃から馴染みの場所です☆

こんにちわ。
歌舞伎好きのお友達がいらっしゃるのですね。
やっぱりmamiさんのように「ツウ」なんですか?
楽しみですね。また感想聞かせてくださいね。

辛口友の会は、辛口批評の会ですか? それとも辛口のお酒好き? 
浅草のポスターの楽しいお遊びは、私はhttp://www.kabuki-bito.jp/news/2006/12/_photo_55.htmlで知りました。ふふ、確かに一人、背景と同化しかけている人がいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4549138

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草:

« チケットチケット | トップページ | しわす »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ