« 斎藤真一美術館 | トップページ | 千穐楽 »

2006/12/25

浅草

なぜかクリスマスに浅草に行き、天ぷらをいただきました。
有名な江戸前の天ぷら屋さんで、建物も古ーい日本家屋で柱や窓枠が黒光り。
出てきた天丼は、天ぷらがてんこもりで、丼から勢い良くはみ出している!
美味しかった!そしてすごい迫力でした!

でもって、ちょっと腹ごなし(?)に、界隈の古くは吉原の遊郭であった辺りを歩きました。
大門のあったあたりからメインの通りを少しだけ散策。
いまはもうかけらも名残はありませんが、歌舞伎の舞台上につくられる
大門から茶屋が並んでいる風景を思い起こし、当時の様子を想像しました。
そこに連れていってくださった方が、当時のそういう風俗に詳しい方だったのでいろいろお話も伺いつつ。
曰く「舞台で見たりしてることを、実際にこうして追体験すると見方が深くなるよ」
うん、ちょっと視点が変わるかも。
そんな意味で興味深かった、クリスマスの浅草でした。

聖歌隊みたいな方が浅草の町を歩いていましたが、浅草のクリスマスって、なんか一味ちがいましたよ?
やっぱり浅草はクリスマスよりお正月が似合うかも(笑)

« 斎藤真一美術館 | トップページ | 千穐楽 »

コメント

>はなみずきさん、浅草の達人のはなみずきさんが食していないなんて!でも確かに、人気店なんでいつも並んでいるらしいです。私たちは幸いすぐに入れたんですけど。
ちなみに、ホントはその隣の桜鍋の店が目当てだったんだけど定休日だったんです(笑)

>カビリアさん、えー聖歌隊は雷門で歌っていたんですか!見たかった!すごい違和感ありそうだけど面白そう(笑)
江戸の風俗、私は詳しくはない(まったく!)のですが、興味はあるんです。カビリアさんもなんてまた奇遇!なんか、いろいろシンクロしてて楽しいですね♪

その天ぷら、私も食したことがないのに笑!あげまんじゅうはいただきましたか?美味しいですよ☆仲見世を歩くと必ずといっていいほど食ってその場で食べます(^.^)/☆揚げたてが◎です。

昨晩は同じ町にいたという奇遇に、とても楽しい気持ちになりました♪
私が帰る頃には、「聖歌隊」は雷門の前で合唱をしていました。
彼らはやはり目立ちましたね!
ところで、私も遊郭などの風俗史に興味があります♪mamiさんのように江戸文化に精通している方だと、浅草の町はなにもかもが興味深いのでしょうね。それはとてもうらやましいことです!

>みゅぅさん、浅草はいい味出してますね。古きよき日本らしい。外国人観光客が多いのもうなづけます。昨日も、天ぷら屋さんでも、そのあち酔ったバーでも、外国人たくさんいました(笑)

浅草は1度だけ行ったことがあります。
両親と妹と4人で、私が結婚する前に3年位続けて年に1回家族旅行をしたんです。その時に行きました。
確かに、浅草はクリスマスよりお正月のほうが似合いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4681361

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草:

« 斎藤真一美術館 | トップページ | 千穐楽 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ