« 出羽桜美術館 | トップページ | 天童から »

2006/12/20

天童ふつかめ!

天童ふつかめ!

今日は広重美術館へ。
先日、東京で肉筆浮世絵展を見ましたが、奇しくも今度は天童で初代〜三代広重の浮世絵を見る機会を得ました。

なぜ天童で広重?なのですが、広重はもともと天童藩主や藩医と交友があり肉筆画をかなり描いていたということで、天童にまつわる作品は「天童広重」と呼ばれていたということです。
この「広重美術館」では肉筆画・版画合わせて千数百点を所蔵していて、毎月テーマを絞って展示替えしています。

今月は「移りゆく色彩」ということで、顔料の変遷を解説しつつその時代の作品を展示していました。
なるほど手に入る顔料の種類によって同じ青でも色が違う。幕末期では国産の顔料のみを使っていたのが、徐々に海外からの材料が使えるようになったり、化学合成品が出現したり。その発色によって時代が反映されるのも興味深かったです。

展示の中でで面白かったのは歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の各段を描いたもの。
お芝居の舞台のまんま美しく描かれてて(特に五段の定九郎なんて今のまま!)細かい違いはあれど歌舞伎ってやはり伝統を守り続けているのねーと、妙に納得。
その絵の華麗なことといったら!本当に細かく美しく情緒たっぷりに描かれてて、ほれぼれ見入ってしまいました。

とても見応えのある美術館なので、天童に行かれる方はぜひ!ティールームも素敵ですし♪

今日は他にもオルゴール美術館や若松寺に行き、ホテルでゆったりし、人を尋ねたり、、とっても充実でした。その話はまたあらためて。

@mobile

« 出羽桜美術館 | トップページ | 天童から »

コメント

>SwingingFjisanさん、コメントありがとうございます!
実は、私もログインできず、コメントレスが遅れてしまいました。夕べはずっとそんな調子だったのでしょうかね?スミマセン。
広重美術館、とても良かったですよ。天童にいらっしゃることがあったらぜひ、足を運んでみる価値ありです。ゆったりしておだやかで、いい町でした。

今日(21日)は私のブログにコメントをいただき、ありがとうございました。時々怪しげなコメントが入るので、一度私のところでストップしてから掲載させていただいていますが、今日はどういうわけか、自分のブログにログインできません(困)。そのためmamiさんからのコメントもストップ状態になっております。ごめんなさい。ログイン出来次第、アップさせていただきます。
天童でステキな時間を過ごされたようですね。天童といえば将棋の駒という程度の知識しかなく、広重美術館のことは知りませんでした。顔料のお話、興味深かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4618347

この記事へのトラックバック一覧です: 天童ふつかめ!:

« 出羽桜美術館 | トップページ | 天童から »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ