« サロンのあと | トップページ | 「神仏のまねき」 »

2006/12/03

よろこびのとき

今日はいろいろなひとと、いろいろなたいせつな話をした。
素直な気持ちから発する言葉。
たいせつにしたい本質の話。
こういうひとときがあって、良かった。
それに出会えたことに、感謝。
「喜び」のエネルギーの、来年に向けて。
ずっと、ずっと、ともに進化していけますように。

« サロンのあと | トップページ | 「神仏のまねき」 »

コメント

>カビリアさん、そんな、何度もいらしてくださったんですか?嬉しいですー(^-^) なんの扮飾もない、素直な会話ができて、私も幸せでした。
ずっと、そういう気持ちでひとにもものにも、接していけたらなぁと思います。
カビリアさんが素敵な気持ちになってくださったなんて(照)私もとっても素敵な気持ちです♪

>みゅぅさん、ね。みんな、いろいろあるけれども、本質で話ができることは素晴らしいことですよね。そして、その「本質」がなにかを一緒に考えられることも。
幸せな気持ちになってくださったなんて、こちらこそ嬉しいです♪幸せのおすそわけは、どんどん伝染しますよ〜♪

実は私も、昨日から何度もmamiさんの言葉を読みに来ています。とっても素敵な気持ちになったんです。そうありたいなあって、素直に思いました。mamiさん、ありがとう♪なんだか私も、感謝!

なんだか、mamiさんの気持ちが晴れやかで、こちらまで幸せな気持ちになります。
いい音楽に触れ、いい出会いがあり、mamiさん絶好調じゃないですか?
そのまま私にも幸せな気持ちを分けてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4413770

この記事へのトラックバック一覧です: よろこびのとき:

« サロンのあと | トップページ | 「神仏のまねき」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ