« 天童ふつかめ! | トップページ | おはようございます »

2006/12/21

天童から

帰ってきました!
久しぶりに休みをとって(しかも3日間も!)なーんにも仕事しないで、ゆったりのんびり遊んできて、すっかりいろんなものを洗い流しましたよ♪楽しかったぁ!

泊まってたホテルがとても良くて、お部屋や建物やお風呂やお食事はもちろんのこと、空気感がね、東南アジアのリゾートもなんのその!って感じの「微笑みの宿」なんですよ。どこにいても、やわらかい笑顔に包まれて、これが一番シアワセでした。

私の座右の銘は「Always in Smile」ですが、笑顔の本質が問題ですよね。

女将がとても素敵な方で、何回かけっこうゆっくりお話させていただいたんですが、女性としてホントお手本にしたい!
美しくて気品があって、でも親しみやすくて可愛いんです。
女将のそんな雰囲気が浸透しているのか、ホテル全体があたたかくて包み込むような波長に溢れていました。

とてもとても寛いで癒されたいっぽう、ひとを受け入れる暖かさとかおだやかさとか、そのための隠れた努力とか、いろいろな組み立てとか将来の展望とか、いろんなものを感じさせていただいて、自分に置き換えて考えてみたりして、実に充実した旅でした。

良かったぁ!
ありがとうございますo(^-^)o

« 天童ふつかめ! | トップページ | おはようございます »

コメント

>みゅぅさん、ただいまー♪
とっても、ゆっくりして、癒されましたー(^-^)「微笑みの宿」にはまた行きたいと思ってます♪一年の最後に、いい旅をさせてもらいました。

おかえりなさい。
天童でのお話、楽しく読ませてもらいました。
癒されてきたようで、良かったです。もう年末。1年の疲れや汚れを取って、新しい年に向けてすっきりして良かったですね。

>はなみずきさん、えへへー(照)ありがとうございます(^-^;
その気になっちゃいますよー?
もっともっと、素敵になれるようがんばりますね♪

mamiさんも充分素敵な方ですよ♪♪♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4630152

この記事へのトラックバック一覧です: 天童から:

« 天童ふつかめ! | トップページ | おはようございます »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ