« おはようございます | トップページ | メリークリスマス »

2006/12/23

天童・オルゴール博物館

天童で行ったオルゴール博物館について。
じつは最初はさほど興味なかったんです。
でも、広重美術館とセットのお得なチケットがあって、せっかくなので行ってみました。
ところがとっても楽しめたんです。

オルゴール博物館なるものはけっこう各地にあって、いろいろ行ったことがあるのですが、あまり印象に残るほどではなく。
だって、どこに行っても、お部屋ごとに展示されてるオルゴールが演奏されているか、自分で音を鳴らすかで、あとはお土産コーナーが妙に充実しちゃってたり。

でもこちらはご案内役の方がいらして、ミニコンサートのように説明しながら、それぞれのオルゴールを演奏していってくれるのです。
オルゴールの歴史から、どんな方法で音が出ているのかとか、どこを工夫して進化していっているのかとか、ひとつひとつをわかりやすく説明してくれてから演奏にはいるので、当時の人たちがどんな夢をオルゴールにのせていたのかがよくわかり、演奏に耳を傾けることができました。

19世紀初頭(まだレコードなどなかった時代です)に、なんとかして演奏家なしに、好きなときに音楽を聴けないものか、という気持ちからオルゴールの歴史は始まったそうです。
最初は小さな時計のようなパーツにシリンダーを仕込んだものがつくられましたが、小さいので当然、曲の演奏時間も短いし音も小さくて、みんなで楽しめるようなものではなかったようです。
それが、大きなディスクを使用することによってより長い曲を、本体を大きくして音の共鳴を持たせられる箱を作ることによってより大きくて良い音を、演奏できるようになりました。
ディスクを2枚にしてオーケストラのような効果を出したり、ほかの打楽器と組み合わせて音に厚みを出したり…と、工夫は際限ありませんでした。
この頃のものは、どんどん大型化して箱の装飾も素晴らしいものになっていきます。
また、ジュークボックスのようにコインを入れると演奏が始まるといった、ダンスホールや社交場向けのものも開発されていました。
オルゴールは、決して安価なものではなかったけれど、コンサートに行くよりは手軽に、どこでも音楽を楽しめる、夢のような機械でした。

中でも私が感動したのは、「これもオルゴールの一種なの?」と思った、ピアノの自動演奏の機械です。
見た目はピアノ、普通に演奏もできるものだそうですが、実際にピアニストが弾いた音を忠実に再現するもので、穴をあけたロール紙を本体の中に入れて(この仕組みがオルゴール)音を出すのですが、ほんとうに、ピアニストの指のタッチや体温が感じられるようなリアルな演奏でした。
当時の人たちが「なんとかして音を記録したい」と思っていた、情熱を感じるものでした。

この頃になると、蓄音機やレコードがつくられるようになり、その手軽さ、音の再現性の良さから、オルゴールはこれにとってかわられることになり、20世紀前半にはすっかり姿を消してしまいます。
そういえば、このころのことが映画「海の上のピアニスト」の中で、多少語られていたような…。
郷愁を感じさせるようなあたたかみのあるオルゴールが、なくなってしまったのは勿体ない気がしますが、それも時代の流れなのでしょう。

そな、人々の気持ちの解説をも交えながら、たいへん音響効果の良い部屋で演奏を聴かせてくれたので、すっかり気分良く、オルゴールの音のファンになってしまった私、この博物館にあるオルゴールの演奏曲集のCDをさっそく購入、家に帰ってきてからも心地よく聴いています。
ちなみに、この博物館は、東北パイオニアが創設したということで、音響にはたいへん気をつかって設計されたそうです。
ほんとうに、美しい音なので、天童に行かれたらぜひぜひ足を運んでくださいね。
私もまた天童に行くことがあれば、行ってみたいと思います。

« おはようございます | トップページ | メリークリスマス »

コメント

>カビリアさん、わーありがとうございます!こちらからもメリークリスマス!
あたたかい素敵な時を過ごせますように。†
天童は、私自身も、思っていたより数倍良かったです。なによりも、美術館が混雑してなくてゆったり観れるのが、サイコーでした!

>みゅぅさん、天童のオルゴール博物館は、オススメです!ナビゲーターの方が全部ついて、演奏してくれるんだもん。保存されてるオルゴールの状態を維持するために、毎日ちがう機械を鳴らしているということなので、何回行っても違うオルゴールが聴けそうですよ♪

mamiさん、天童旅行のお話楽しく読ませていただきました!
私にとって旅行したい土地の候補にはなかなか挙がらなかった天童ですが、mamiさんのおかげでとても興味を持ちました。もし行くとなったら、きっとmamiさんのコースを真似することでしょう(笑)
ところでmamiさん、メリークリスマス!!
素敵な思い出が増える夜でありますように・・・♪

こんにちわ。
私の母がオルゴール大好きで、旅行とかで行った先にオルゴール館があると「行く」って言って必ず立ち寄ります。
でも、天童にあるオルゴール館は楽しそう。機会があったら連れて行ってあげたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4654173

この記事へのトラックバック一覧です: 天童・オルゴール博物館:

« おはようございます | トップページ | メリークリスマス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ