« 浅草 | トップページ | 「デッドエンドの思い出」 »

2006/12/15

しわす

手帳を、来年のに変えようと思って、整理してみました。
手帳は、もうこれで3年目になるおなじみ「ほぼ日」手帳。
さいきんやたら流行っているようですね。
私は、最初の年に「これをずっと使おう」と決めて、オレンジの革カバーのを買いました。
なのに、次の年になったら、その年の新作の、深いブルーの革の表紙が欲しくなってそれも買いました。
なのになのに、それが届いたら、やっぱりオレンジのほうが可愛くて(すでに1年使ってたから愛着もあったかも)ブルーはずっと使わずしまってありました。

来年のぶんは、やっと初心のとおり、中身の手帳だけを購入。
そして、カバーは、いよいよブルーを使おうかと思います。
新しい手帳をブルーの表紙にセットしました。
オレンジくんは、文庫のカバーとか、カード入れに使おうかと。
オレンジくん、いままで私のスケジュールやら小ネタやらキモチやらを、たくさん支えてくれて、
ありがとうね。

来年の手帳に、すでに決まっている1月以降の予定を書き込んでいく。
あたらしい手帳に、あたらしい予定を書き込むのって、とてもわくわくします。
来年は、どんな年になるだろう。
素敵な年にしたいなぁ。
私レベルでも、もっと大きなレベルでも。
わくわくと決心が、新しい手帳にのっかていきます。
こんどはブルーくんだ。よろしくね♪

« 浅草 | トップページ | 「デッドエンドの思い出」 »

コメント

>みゅぅさん、手帳って、なんとなく大切にしておきたいものですよね。私は、社会人になってからすっと使っています。スケジュールのほかに、その日に思ったこととか気付いたこととか面白かったこととか特別に使ったお金のこととか、なんでも書き込んでいます。

こんにちわ。
私は手帳使ってません。専業主婦には必要ないんです(泣)。
基本的に手帳は大好きです。短大の頃と仕事してたときは使ってました。毎年、新しく新調していたのですが、ウサギの柄のものを見つけてからは中身だけ替えて使ってました。
今でも捨てられず取ってあります。何に使うかは不明です。
今は携帯のスケジュールを使ってます。

>はなみずきさん、新しい手帳は「心機一転」なんですね!新しい年を迎えるのって、新たなキモチの切り替えになって、いいですよね。
ほんと、「心機一転」!フレッシュな気持ちで、前に進みましょう!

私は心機一転、マンスリーだけの、明るい色の手帳を購入しました!今までのようにウィークがあると重たいし。とにかく心機一転!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4562016

この記事へのトラックバック一覧です: しわす:

« 浅草 | トップページ | 「デッドエンドの思い出」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ