« 千穐楽 | トップページ | 不思議なバーその後 »

2006/12/27

ご祝儀、ご祝儀♪

12月歌舞伎座昼の部。
千穐楽は生憎の大雨でしたが、内容のほうは演目の組み立ても役者さんの立て方もとてもバランス良くて、とっても見応えありました♪

「八重桐郭噺」の菊之助さん、文句なくキレイ!女丈夫で堂々としていて、様変わりしてからの大胆な活躍ぶりも惚れ惚れしちゃうよ!って感じ。
それに対し松也さんのお人形のような姫っぷり、好対照。
近松ものって、なんだか心中物のイメージが強いのですがこれは大胆な話の流れで楽しめますね。

お次の「忍夜恋曲者」、時蔵さんてあんなに妖艶でしたっけ?と思うほどの妖しさ美しさ、そしておどろおどろしさ。
に対し、松緑さん、端正で清冽な芸風が清々しい!
近頃私の中では松緑さん株急上昇だったのですが、期待を裏切らぬ、どころかますます注目してしまいました。
ご自分の演技の「質」を見いだされ、その道を邁進している感じで、潔い!
そんなところにこれまた惚れ惚れ〜。

そして「芝浜革財布」、これってかの連ドラ「タイガー&ドラゴン」で西田敏行扮する噺家の「芝浜」をきいて、感激したヤクザの長瀬くんが、弟子入りするんだったなぁ。
なんて思いつつ、あの噺をじつにうまく舞台に上げていて。
もう菊五郎さん芸達者!
ダメダメぐうたら亭主なんだけど、なんか憎めない。
近所の飲み仲間と、ぐうたらぐうたらお酒を飲んでるのも、どうしようもないんだけど楽しそう。
それにつくす女房あってのバランスだと思うのですが、魁春さんとの息もぴったりで素晴らしいー!
最後は見違えるような立派な亭主になって、あーよかったよかった、これで気持ちよくお正月を迎えられるわー(私が)って感じで大満足。

ところがまだ昼の部は終わりません!
「勢獅子」出演者も多く、台詞もあって、豪華〜!です。
もう、お年玉もらってご祝儀もらって、ほくほく、って感じです♪
このときの松緑さんも良かったわぁ。
そして、雀右衛門さんが、美しかった!(じつは今まであまりそう思っていなかった…)
動きもエレガントで美しかったし、みめ麗しかった。
いやいやホントにいいものばかり、観せていただきました♪

てことで、大満足の昼の部でした。
余談ですが、今日私の席のそばに大向こうさんがいらして、周りの方達に「大向こうをけさせていただきますのでよろしくお願いします」ってお断りのご挨拶をしていました。
大向こうさんも、そういうとこ気を使って大変なんですねー。
その方、タイミングよくかけてらしたので、すぐ近くできけてなかなか快感でした。
役者さんのほかにも常磐津の一巴太夫さんなどにも大向こうをかけてらっしゃいました。
なかなか楽しい経験でした。

« 千穐楽 | トップページ | 不思議なバーその後 »

コメント

>みゅぅさん、満喫しましたー♪今年最後の歌舞伎が、充実した内容のものであってシアワセでした(^-^)v
ほんとうに、早々とお年玉をいただいた気分でしたよ!

>SwingingFjisanさん、松緑さん、いいですよね♪
私は今年、歌舞伎見始めのころはさして印象に強くなかったのですが、最近は清廉潔白ともいえる芸風をひたすら真摯にまっとうしてらして、踊りもキビキビしていて、とても爽やかで好きです。

こんにちわ。
満喫してきたのがすごく伝わってきましたよ。興奮も。
良いものを観た後って、本当にご褒美もらったみたいな感覚になりますよね。
来年も沢山ご褒美もらうんでしょうね。羨ましいです。

松緑さん、私の中でも赤丸急上昇中です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4701359

この記事へのトラックバック一覧です: ご祝儀、ご祝儀♪:

« 千穐楽 | トップページ | 不思議なバーその後 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ