« 天童・オルゴール博物館 | トップページ | 斎藤真一美術館 »

2006/12/24

メリークリスマス

イブですね。
皆さんは、素敵な時を過ごしていらっしゃるのかなー。

私は、家でプチパーティ。
ちょい辛味噌スープに、ご存知!超オイシイ石垣島ラー油を入れて、野菜たっぷりの鍋をつくりました。
名付けて「聖夜鍋」(どこがでしょ?)
でもって山形風「だし」(なすときゅうりとみょうがと大葉を細かーく刻んで醤油であえたもの。お酒に合うのよーん♪)もつくりました。
あと、豆腐とか湯葉とか豆とか。。。ケーキはありません(笑)
そんなですがいちおう、クリスマスです。
いいんだ、美味しいって喜ばれたしー。

そんな、あったかくて楽しい夜に、ちょっと心配なお知らせが。
いやでもまだ、はっきりしたわけではないので。
なーんだ心配しちゃったよ、なんてことなかったじゃない、ってことになるんじゃないか なってほしいなと。
かみさまイエスさまマリアさま お願いします。
ココロの中でミサうち続け鐘鳴らし続けるよ。

日頃空気のように思っていたって、
そんなことがあればこんなにキモチが揺さぶられるくらいたいせつな存在だったかと
あらためて私に知らせてくれた、クリスマスイブの夜でした。

…たいせつなものは、毎日たいせつにしよう。そうしよう。

« 天童・オルゴール博物館 | トップページ | 斎藤真一美術館 »

コメント

>みゅぅさん、そうですね。近くにあるものほどあるのが当たり前で、甘えもあってなんだかしわ寄せがいっちゃう…みたいな感じです。ほんとはいちばんたいせつなのに。それをね、クリスマスの日に気付かせていただきました。感謝です。

こんにちわ。
私のイヴは1人で過ごすイヴでした。主人が当直だったので。でも、1人を充分堪能しました。
そうですね。大切なのもはちゃんと大切にしなくちゃいけませんよね。私も、ちゃんと「大切」します。

>はなみずきさん、メリークリスマス!(でした・笑)
いいクリスマスを過ごせましたか?
あの本は、じんわりくるものがありますよね。好きな雰囲気なのだったら、良かったです♪最後の作品は、かなりいいですよ。

mamiさーん☆メリークリスマス!!ですね☆
今日はお仕事でしたが、通勤中・休憩時間にあの本を読んで涙が出そうになりました。まだ2つめのはじめですが、好きな空間です☆

>カビリアさん、うわぁー嬉しい!メリークリスマス!何度でも、メリークリスマス!♪
ほんとうにずっと、ずっと、大切にしていたいですね♪カビリアさんのぶんも、お祈りします。。。♡あたたかい気持ちで眠れそうです♪ありがとうございます。

(たびたびですが)mamiさん、メリークリスマス!
美味しそうなお料理に、しばし夢気分になりました(笑)
あたたかい湯気をあびてるような、そんな幸せな錯覚です(笑)
「大切なもの」とは、なにか考えるきっかけがないと、つい意識しないでいるものですね。mamiさんの大切なものが、末永くmamiさんの傍に寄り添ってくれますように・・・聖なる夜に願ってますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4664211

この記事へのトラックバック一覧です: メリークリスマス:

« 天童・オルゴール博物館 | トップページ | 斎藤真一美術館 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ