« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | ミルキー食べたくならない? »

2007/01/22

新感染

新感線×染五郎「朧の森に棲む鬼」@演舞場に行ってきました。

新感線は、あいかわらず殺陣がすごい。
ストーリー的には、ラストの、ライの生き様死に様が思ったより軽くまとめられちゃって消化不足が残ってしまった(自分の中でね)けど、
それから人を斬るシーンとか女を殴るシーンとか多すぎてリアルすぎて、なにこれーという部分もありましたが(以前はもっと、美しくて動きの技量がすごくて良かったような気がするんだけど、今回はなんだかグロかったなぁ)
全般的にはとても面白かったです。
特に、一部はよくできていて引き込まれました。

役者さんは、やっぱり古田新太阿部サダヲ秋山菜津子高田聖子がうまい。
圧倒的な技量だし、なんといってもいのうえ演出に対してこなれてるしね。
(なーのーにー!ラストの重要な台詞を古田新太と秋山菜津子に委ねていたのに、簡単にまとめられてしまった印象だったのはなぜ?←思うに、前半の芝居が成長しすぎて、その重さにラストの台詞が耐えられなくなったのかと。公演始めの頃は今日とは違うバランスで、ラストの台詞は重みを持っていたのかもしれません。なんか、板にのった役者の演技が、台本を越えちゃったんじゃないかって気がしますよ)

古田さん阿部さんは、いつものことながら芸達者だなぁ。
もーう、私は阿部サダヲさんを目の中に入れても痛くありませんよ!(笑)
お芝居もこなれてるし、歌もさっすがグループ魂だし(?)笑わせる間の取り方、ひきしめる台詞の緩急の付け方。相変わらずかわいいしー。…うーん、好きですねぇ。
古田さんはさすが貫禄と存在感で、彼が登場すると場がひきしまります。かっこいい。

真木よう子ちゃんが可愛かった。彼女は「ゆれる」でもたいへん良い演技してたので注目してましたが、期待にたがわぬ力いっぱいのお芝居をしてました。
それにしても、あんなに顔がちっちゃくて細い方だったのね。
(「ゆれる」ではオダギリと並んでたから顔の小ささがわからなかった…オダギリも顔、ちっちゃいからなぁ)

染五郎さん、もしかして歌舞伎よりも良いんでない?(って、これは微妙ですね・笑)
スピーディな新感線の殺陣によく体がついていってました(ときどきよろけてたけど(^-^;;)
こういうふうに、スピード感あってイキオイで突っ込むみたいなお芝居、彼には合ってるんでしょうかね(高田馬場もそうだったし)。今回も高田馬場も「あてがき」ってことはあると思いますが。

そして、秋山さんは大好きな女優さんなのですが、今回もたいへんきっぷのいいアネゴな演技をされてました。
女の将軍としての堅さと、女性の部分、兄を思う部分、複雑に出ていて、すてきな役でした。

それにしても、これはものすごい警告をしている話ですよね。
ライ(染五郎さん)は、嘘を積み重ねていくことによって目的を達成していきますが、その嘘の積み重ねによって自分自身を破壊していってしまう。嘘で築かれたものはいつか崩れてしまう。
自分の真実で生きていかないと、肉体もだんだん嘘になっていって、この世に存在する意味もなくなってしまうんですよね。
それくらい、この世は「真実」が「本当」なのです。
お芝居の中で「嘘」が「嘘」を重ねていくことで、逆に「真実」が浮き彫りにもなって見えてきました。
いのうえさん中島さんは、どうなんでしょうね。何を感じてこのお芝居を作られたのでしょうか。

全部で3時間以上という、いつもの新感線通りの長いお芝居でしたが、とっても楽しめました。
ただねぇ。パンフレットにカレンダーはいらないよ。
それで3000円て、何。
「メタルマクベス」のときも、CD付きで3000円。CDいらないのに(内野さんごめんなさい)
なので今回は買いませんでした。
新感線のグッズ高いの、なんとかしてください。

« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | ミルキー食べたくならない? »

コメント

>kirigirisuさん、初コメントありがとうございます!
「朧…」面白かったですよね。パワー溢れる舞台でした。
秋山菜津子さんは、新感線やケラさんの舞台などで私はよく見ます。すごくカッコイイ、でも女性としての可愛らしさもある個性の方で、今回もそれが素敵に嵌ってましたね。
パンフレット、なるほど袋もいらないですね!パンフレットだけなら欲しかったんですけど…。

mamiさん、こんばんは。
いつもおじゃまさせて頂いているのですが、初めてコメントさせていただきます。(^^)

わたしも今日行ってきました。3時間という時間を感じさせない構成でしたね。楽しかったです。秋山菜津子さん存在感ありましたね。もちろん、古田さん、阿部さん、染五郎さんも良かったですけれど、秋山さんのことは失礼ながらあまり知らなかったので(^^;、余計印象に残ったのかもしれません。女らしいところも見せながらも女々しくないところが素敵でした。

パンフレットにカレンダーいらないに一票です。(^^)ついでに袋もいらないので、もうちょっとお安くして欲しいですね。わたしも買いませんでした。

>みゅぅさん、高田さん、ドラマに出てたんですか!知りませんでした。
舞台のときは、かっこいい姉御とか、個性の強い役が多いですが、テレビではどうなんだろう。一度見てみたいです。

こんにちわ。
新感線さんの舞台は全く観たことありません。
高田さんはドラマで観ていて好きな女優さんです。

私も待ち合わせに遅れるとかの「嘘」なら沢山あります。それを「嘘」どとは思わなかった私は、かなりの「嘘」つきかもしれません。反省。

>みゅぅさん、みゅぅさんも新感線、観てたんですか?(でなきゃ高田さんとかあまり知らないですよね?)今回のも面白かったですよ!演舞場、チケットも高いのに、満席でした。
嘘は、溜まると重いしつらいですよねー。約束を守らない(時間に遅れるとか自分で決めたことができないとか)っていうのも「嘘」と数えるなら、私は嘘、けっこうあるかもー(^-^;

面白そうですね。
私も、古田新太さん、阿部サダヲさん、高田聖子さん、好きです。観ていて飽きないですし、安心していられますし、面白いですよね。
「嘘」の話。「嘘」をつくことには体力を使います。そして、歳をとってくると、どうせ体力を使うなら「嘘」をつくことに使うのはもったいない気がしてます。なので、「嘘」はそうそうつかなくなってますね。私は、他人と接する機会がとても少ないからかもしれませんが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5038907

この記事へのトラックバック一覧です: 新感染:

« 新春浅草歌舞伎 | トップページ | ミルキー食べたくならない? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ