« 新感染 | トップページ | なんとなくオーガニック。 »

2007/01/23

ミルキー食べたくならない?

いろいろなところでいろいろな嘘が噴出してる。
雪印があったんだから。
「あるある」だって前にもやってるんだから。
学習しましょうよ。
わかっててやってるのは一番、始末が悪いでしょ。

ただねぇ、どこまでが嘘でどこまでが本当かのボーダーラインを引くのは
けっこう難しいと思うんですよね。
いつまでが消費期限なのか。
どこまでが捏造で、どこまでが番組的演出なのか。
どれくらい切羽つまっていたのかいないのか。
自分の本質のところにある良心の問題だと思いますが。

その「良心」はわかっていて、押さえきれなくなって噴出したのでしょうね。
滞ったものは、お掃除せねばなりません。

すっかりすっきりして、ほんとうの「ママの味」に戻ってきて欲しいなぁ。
ミルキーって、大人になっても、ぽちっとつまむと懐かしくて美味しいんだもの。

« 新感染 | トップページ | なんとなくオーガニック。 »

コメント

>edaatsさん、みんなゼッタイ、ミルキー好きですよ!私なんて小さい頃、キャンディといったらミルキーのことでしたよ(笑)
たしかに歯にはくっつくけど…(^-^;

>みゅぅさん、報道に関しては、確かにデリケートなところがあり、取材する側はデリカシーに欠ける部分もありますよね。いずれにしても、マスコミは、自分達のしていることの影響力の大きさを、もっと謙虚に真摯に受け止める必要がありますよね。

>はなみずきさん、食べたくなりますよねー!あの甘いミルク味は、みんな好きだと思うな。
友達の息子さん(5才)は、お菓子よりもペコちゃんの行方が気になってしかたないらしいです。

実は私大好きなんです。
歯にくっつくけど・・・・・・・・・^_^;

私も最近思うことがあります。
それは報道についてです。どこまで信じていいのかなって…。身近なところで、ワイドショーが「嘘」を「真実」にしてしまったことがわかり、新聞もテレビも信じられなくなりました。謝罪はないみたいです。調べるならちゃんと調べて欲しいです。ちゃんと調べてないなら放送しないで欲しいです。それによって傷ついている人がいるのだから。
もっとプロ意識と責任を持って欲しいと思います。

ミルキーはたまに食べたくなるんですよね~。ペコちゃんはいなくなってしまうのかな。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5049555

この記事へのトラックバック一覧です: ミルキー食べたくならない?:

« 新感染 | トップページ | なんとなくオーガニック。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ