« 箱根駅伝 | トップページ | 初歌舞伎♪ »

2007/01/03

あしたにつなげる。

箱根の復路にも当然、熱中しました(笑)
といってもいろいろ雑事をしながら(お腹すいたーと言うひとがお正月はたくさんいるのだ)なので、チラチラ見つつ。

順大は逃げ切りましたねー。
というか、かなり大差がついてしまったので、順大ファンにとっては安心感があったかもですが、レースとしてはちょっともの足りなかった…。
東海大以下、2位3位の学校にもっと一位争いに加わってほしかったわー。
とはいえ、順大の快走はすごかった!
去年の悔しさを無駄にせず、見事に花開かせましたね。
嬉しそうな彼らと、涙が止まらない去年の主将の顔をみて、こちらまで感動しちゃいました。
おめでとう!

そして、心配してたことが起きてしまいましたね。
神大が、あと26秒足らず、9区→10区の襷をつなげませんでした。
目の前で次のランナーがスタートしてしまったのを見た選手の気持ちは、想像を絶するものがあります。
スタートをきった姿をみたときの表情、中継所に着いて倒れこんだ姿、涙。。。
もらい泣きしてしまった…。
このことはやっぱり、ずっと傷として残るだろうけれど、はねかえして来年につなげて欲しいなぁと思います。

なんだかいつもとても感動してしまう箱根駅伝、今年もお正月から感動させてもらいました。
いつも我が身をふりかえり、自分の山や谷を思ったり、不十分さを反省したり、単純に応援できる楽しさを感じたり、しています。
彼らにとって襷をつなぐことは、明日にもつながるってことなんだなー。
あんなに若い子たちに、たくさんのギフトをもらってます。
このギフトがお正月にあるっていうのも、私にとって「お年玉」みたいなもんです。

今年も、すっきりスナオに、がんばろう!毎日が明日につながるようにー!

« 箱根駅伝 | トップページ | 初歌舞伎♪ »

コメント

>二郎さん、お忙しいのにわざわざ!ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
そうそう、「ふともも」堺くん、彼は去年も出場していて、「ふともも」って呼ばれてました。連続出場なんだから、いいかげん名前で呼んであげましょうよねぇ(^-^; …でもほんとうに頼もしい太腿の持ち主でした。
来年も楽しみですね。

大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も色々ドラマがありましたね。シード争いも激しかったですし。
個人的には駒大堺選手が「ふともも」呼ばわりされていたのが可哀想といいますか・・・(^_^;)
でも、来年もまた見てしまうんだろうなと思います。

>みゅぅさん、駅伝戦国時代っていわれてるらしいですよ。ほんとに実力差があまりないようです。
来年も、また楽しみです!いつか箱根に行ってみたい…あっ、でも横浜あたりなら沿道で見物できるわ!

こんにちわ。
本当に感動しましたよね。
毎年優勝校が違うのも、力がそんなに違わないからなんでしょうね。来年はどこが優勝するのかなあ。優勝だけでなく、感動を楽しみに、また来年見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4798399

この記事へのトラックバック一覧です: あしたにつなげる。:

« 箱根駅伝 | トップページ | 初歌舞伎♪ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ