« やっぱり亀様♪ | トップページ | 俊寛の自己犠牲 »

2007/01/12

化け猫、パラパラ、チョットチョットー!

200701121524000_1200701121733001今日は国立劇場「梅初春五十三驛」でした。
半蔵門は、その昔勤務先があった懐かしいところ。しかも、場所もT-FMのそばで、なんでそのころ歌舞伎観に行ってなかったんだろー!と勿体ないやら悔しいやら。
当時の懐かしさも手伝って、半蔵門に行くと必ず「一元屋のきんつば」と「rosaのロールケーキ」を買いたくなっちゃうのよー。
でも今日は、開演時間4時、こんな時間にrosaのケーキがあるわけない。って、やっぱり見事に売り切れてました。残念。きんつばはシッカリ買い込んで参りましたが(笑)
両方とも、本当に美味しいので、行かれる機会のある方は是非ご賞味あれ。

で、肝心の「五十三驛」ですが、もうっ!噂通り本当にいろんなことがてんこ盛り!
特大幕の内弁当みたいで、ものっすごくお腹いっぱいになりました。
なにしろ五十三驛を渡り歩きながら失われた宝剣を、奪ったり取りかえしたり横からちょろっと盗んでいったり。で、合間に鼠の妖術は使うわ、化け猫は出るわ、劇中劇の田舎芝居ふう車引やら、お七が登場し櫓に登るわ。おまけに宝剣を奪うために、同じ登場人物がわざわざ違う人物を語って登場するもんだから、もうバタバタのゴチャゴチャ。(←私のアタマの中が)
観てて息切れするくらい。なんてったって五十三驛、5時間弱で日本橋まできちゃいましたから(違)
ワタクシにはちょっと、トゥーマッチ、でしたわー。あーツカレタ。

でもお芝居の中に子猫のパラパラがあったり、手拭い投げがあったり(これはお正月の国立、恒例なの?)流行りのギャグを入れてきたり、さすがサービス精神旺盛な菊五郎劇団なのでした。
品川・御殿山の場での満開の桜のなかに立った菊之助さん、素敵だったわー。
女形も美しくていいですが、今日の白井権八もまた色気があって、若衆もいいと思いました。
それから、相変わらず松緑さんが清々しく素敵でした。

« やっぱり亀様♪ | トップページ | 俊寛の自己犠牲 »

コメント

>みゅぅさん、めまぐるしかったけど、楽しめましたよ♪一大娯楽作品でした(^-^)

こんにちわ。
あまりにもてんこ盛りすぎて、さすがのmamiさんもおなかいっぱいだったようですね。
読んでるだけで目が回ってしまいそうです。
でも、楽しんできたようですね。
歌舞伎にハズレはないみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4903288

この記事へのトラックバック一覧です: 化け猫、パラパラ、チョットチョットー!:

« やっぱり亀様♪ | トップページ | 俊寛の自己犠牲 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ