« あしたにつなげる。 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・昼の部 »

2007/01/04

初歌舞伎♪

今年初めての観劇は、歌舞伎座へ♪
昼・夜通しで観ちゃいました。
ちょっと疲れるけど、今月は国立・浅草・演舞場とたくさんあって、昼夜別の日にするには休みをたくさんとらねばならないので…(^-^;;;
本当は初日に行きたいところでしたが、やっぱり三が日は家族をおいて出づらいのでねぇ。(家族で歌舞伎はありえない前提・笑)

でもやっぱり、新年らしく櫓や垂幕、紅白のお餅の飾り…などなど、お正月気分満載。
雰囲気も含め、演目ももちろん、とってーも楽しんできました。
それぞれの感想は、またあらためて。
でも、久しぶりに歌舞伎座で勘三郎さんを観ることができて、至福眼福超幸福でございましたよ!

一月はチケット代が高くて仰天していましたが、筋書きもいつもより100円お高くなってました。
お正月価格?むむーん。

« あしたにつなげる。 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・昼の部 »

コメント

>みゅぅさん、お正月価格ですかね(笑)でも、役者さんがいつにも増して豪華だったし、演目もなかなか充実してたし、場内の雰囲気もお正月ぽくて、満足でした♪
今月は特に晴れ着のお嬢さんや男性の着物姿も多いようでしたよ。日本人のお正月って感じですかね?

>SwingingFjisannさん、ほんとに濃い1日でした!ジェットコースターに乗ったみたい。夜の部、はねたのが9時半なんですよ!でもお正月気分でとっても楽しみました。売店も、お正月っぽくて、見るだけでも楽しかったです♪
筋書き、100円といえど…!ですよね。
勘三郎さんは、ホント「お帰りなさい!」という感じでした。待ちわびてたお客さんも多かったみたいです。

へえ~、1月はチケットが高くなってるんですね。
歌舞伎界もなかなかやりますね。
でも、年明けに歌舞伎っていうのも日本人って感じですね。
今年も歌舞伎のお話いろいろ聞かせてください。

昼夜通し、お疲れ様。濃い1日でしたね。1月の歌舞伎は、やっぱりウキウキします。でも、筋書きも100円アップですかあ。私は必ず2回買うから、200円・・・。
勘三郎さんは去年歌舞伎座出演がなかったので、「待ってました!」というところですね(2月はまた演舞場に行っちゃうし)。とっても楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4799074

この記事へのトラックバック一覧です: 初歌舞伎♪:

« あしたにつなげる。 | トップページ | 寿初春大歌舞伎・昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ