« 「風林火山」 | トップページ | ほんとのこと »

2007/01/08

「決闘!高田馬場」

パルコ歌舞伎「決闘!高田馬場」DVDがいよいよ発売されます。
パルコで予約したので年内に届いていたため、お正月休み中にすでにゆっくり見ていたので、いまさらなんですけどどうしても!なキモチで。感想です。笑。

いやこんなに面白かったとは!とあらためて。
劇場で観たときとはまた違った面白さを発見したり、モチロン席によっては見えづらいシーンもあったりしたのでよーくわかって良かったり。
一部では「これは歌舞伎か!?」と言われていたそうですが、確かにもちろん古典とは大違いなわけですが、これはこれで面白い。
ミタニンテイスト満開ですし、三谷作品大好きな私にとってはまさに大好物!な感じでした。
但し、古典あっての…という存在ではありますが。(こういうテイストの歌舞伎ばっかりじゃやっぱりいやなの)

あと、特典映像の舞台裏やインタビューがたいへん面白いもので、染五郎さん亀治郎さん勘太郎さんはもちろん、三谷さんがどんなコンセプトで、どんな姿勢でこの仕事にかかっていたかが垣間見れました。
DVDのいいところは、気に入ったところを何度でも見れること!
私も何度かリピートしてしまいました。
本編はもちろんですが、この特典映像だけでもお値段分は楽しめますよ。
パルコ劇場で観た人も、観なかった人にも、相当、おすすめ!です。

« 「風林火山」 | トップページ | ほんとのこと »

コメント

>SwinginfFjisanさん、私も最初はどうしようかと思ったのですが、買ってよかったです!WOWWOWで放送した開演前の三谷さん亀治郎さんの「歌舞伎講座」や、バックステージの様子なんかも特典映像で入ってるんですよー!
それになんといっても、やっぱり一度観ただけ(チケット取れなくて、一回きりだって大変でしたよね)では忘れていたところも沢山あって、記憶が蘇ってあらためて楽しめたのも嬉しかったです。

DVD、迷っていましたが、私も買っちゃおうかな。まったく文句なく面白い芝居でしたよね。席が後ろのほうだったので残念だったのですが、あの時は取れてよかった、見ることができただけよかった、というくらいチケット入手が大変だったような気がします。WOWWOWでやったときには、こちらがWOWWOWをやめた後でしたし、もう一度見たいとずっと思っていたので、やっぱりDVDですかね。特典映像もついているということだし。

>みゅぅさん、三谷さん歌舞伎のことよく知らないし、出演された方たちもほとんどは三谷さんと初対面で、手探りでつくっていったみたいですよ。そういう作業が楽しいんですねきっと。

三谷さん、いいですよね。
三谷さんが書いた歌舞伎ってどんなのなんでしょう。きっと私なんかが想像することが出来ないものなんでしょうね。
三谷さんのエッセイも好きで、何冊か読みました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/4854561

この記事へのトラックバック一覧です: 「決闘!高田馬場」:

« 「風林火山」 | トップページ | ほんとのこと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ