« しくじったりー! | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

2007/01/20

横浜

今日は横浜で仕事でした。
横浜は生まれ育ったところで、ここ10年ほどは離れているけれどずーっと住んでいて。
今でも一番大好きな街です。

むかしは赤煉瓦の倉庫のあたりは、くずれそうな赤煉瓦ともう使われていない線路とがなんともいえぬ風情だった。
山下埠頭では港湾作業車がうねうねと動き回って、大桟橋の向こうの海でタグボートがポンポンと走り回ってた。
そんな風景も今はもうほとんどありません。
かわりに出来た新しい風景に、小雪が舞っていました。

寒かった。大寒の名のとおり。
新しい横浜のそんな風景も好きだけど、なんといってもこの空気が肌になじみます。
本町から海岸通り。山下町。C突堤。
博物館とか銀杏並木とか。

帰ろうかなぁ。帰りたいなぁ。横浜。

« しくじったりー! | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

コメント

>みゅぅさん、いえいえ、やっぱりそうだったんですね。「栃木」っていうのでそうかなと。(^-^)
夕べはサーバートラブルだったみたいですね。私も管理画面になかなか入れませんでした。

ごめんなさい。
名前が入って無かったですね。
昨日はコメント上手く遅れなかったんです。そのことばかりに気をとられて、またいつも名前は登録してあるので気が付きませんでした。
私だとわかってくれてありがとうございました。
ご迷惑おかけしました。

>・・・(たぶんみゅぅさんですよね?)、初雪でしたねー。とても冷える一日でしたが、外に長くいたわけではないので、風邪は大丈夫。
海に落ちる雪って、なかなかいいもんですよ。

大寒の土曜日は冷えましたね。
栃木も寒かったです。
夕方のニュースで大寒だと知り、納得でした。
風邪などひきませんでしたか?

>SwingingFjisanさん、離れると「ああやっぱり自分にはあの空気が合ってたんだな」と思うこと、ありますよね。生まれ育ったところはやはり大切です。
横浜は、山が海のそばまで迫っていて坂道が多いですけど、その分景色に変化があるし、山があるのに風がよく通る感じで、確かに開放感がありますね。海が近いからかなぁ。
鍵騒動、ホント大変でした(苦笑)二度と落とさないように気をつけます。

生まれ育った場所って、離れてしまうと時々無性に恋しくなります。東京生まれに故郷はないとはよく言われますが、東京は東京で私にとっては故郷です。
横浜はなんともいえない開放感(もしくは解放感。両方ともある)がいいですね。横浜生まれ・育ちの友人が一時埼玉に住んでいて、閉塞感に悩まされたみたいです。私の息子はひところ横浜に住みたいとさかんに言っていました。やっぱり開・解放感に憧れていたようです。私も若い頃は時々海を見に行きました。
カギ騒動、大変でしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5009759

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜:

« しくじったりー! | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ