« イメージ | トップページ | 「自由への讃歌」 »

2007/02/14

JAZZな夜

ワタクシは「やんちゃなジェントルマン」な男性が理想像であります。
少年ぽく弾けててほしいが、大人の礼儀品格は持ち合わせてほしい。
(モチロン私のことは棚の上。てへ。)
で、バレンタインの今夜、そういう方にお会いしましたよー♪

…てね。
すっごい久しぶりにライブに行ったのですよ。
六本木サテンドール。
そこで演奏してらしたジャズピアニスト、今田勝さん
ピアニストとしてはもう相当なキャリアをお持ちの、シャイで素敵なジェントルマンなのでした。

今夜はピアノ、ベース、サックス、ドラムそして女性ボーカルで3回のライブを披露してくれましたが、その3回とも違う曲、リクエストにもすぐに応えてくれる柔軟なステージ。
なんといっても、キャリアがそうさせるのか、その音には余計な自己主張など微塵もなく、きわめて自然体で、けれど演奏は上質で、カラダ全体がリズムになってるような感じでした。
押し付けがましくないのでとても心地よく、けれども心に自然と染み入り満ちあふれるので、なんだかじんわり泣けちゃったり。

スタンダードなジャズなので、ジャズに詳しくない私でも聴いたことのあるナンバーばかりだったのですが、ことにアンコールでやってくれた今田さんのピアノソロの曲が、
良かったー。。。
これはなんという曲か知らなくて、曲名を聞いたのですが、酔っ払いのご機嫌さんだったので、忘れてしまった…(T-T)
でも!またこれを聴きたい!と思います。

サテンドールには月いちでご出演されるそうなので、また行っちゃおうかなー
と思います。
そんな、素敵なJAZZの夜だったのでした。

« イメージ | トップページ | 「自由への讃歌」 »

コメント

>edaatsさん、えーっ、本当ですか!すごいタイミングですね。
今夜は「Bar Bar Bar」ですね。横浜のライブハウスでも、ぜひ聴いてみたいです。横浜に住んでいた頃はBar Bar Barにもよく行ったし、野毛のちいさなジャズバーなんかにもよく行きました。私にとっては、横浜とジャズは、きってもきれない関係です。

>みゅぅさん、そういうふうに素敵に年を重ねている、素敵な大人にたくさん出会えると、年を取るのってなかなかいいな、って思えますよね。
私もそんなふうに思ってもらえる大人になりたいです(すでにいい大人ですけどね)

>SwingingFjisanさん、本当に素敵なライブでした。
私は失礼ながら知らなかったのですが、今田さんは相当有名なプレイヤーということですので、ブログに登場することも多々あるのではないでしょうか。生のジャズ、堪りませんねぇ♪

>はなみずきさん、うわぁ六本木にいたんですか!(あの雨のさなかお互いに!・笑)
その曲自体はとっても有名、というわけではないそうなんですが、ジャズ、ブルースファンは皆さんご存知なようです。とってもいい曲でした。

あれれ・・・偶然。
私は11日に鎌倉であった「JAZZ IN 鎌倉 」の舞台で聞きほれていました。横浜のライブハウスにも時々出られていますよ。

うっとり聞かせるミュージシャンです。

こんにちわ。
素敵な夜を過ごされたんですね。
確かに、年齢を重ねる毎に柔軟になるって思います。すべての方がそうとは言いませんが、こだわりがなくなったり、雰囲気を読めるようになったり、無駄な自己主張がなくなったり…。
そう思うと、年齢を重ねることがすごく素敵で楽しみなことだなって思えますよね。
それに、世間にも上手に歳を重ねている人が多いし。

素敵なバレンタイン・ナイトを過ごされたのですね。今田さんのお名前って、つい最近どなたかのブログか何かで見たような気がするのですが、どこで見たのか、思い出せない・・・
ナマのジャズはいいですよね。私も10年くらい前までは、知り合いに連れられて、いつ行ってもほとんど客のいない店でライブを聞いたものです。腕前は素人に毛がはえた程度だったのでしょうが、広くない店で飲みながら聞くジャズにはそれなりの良さがありました。

アンコールで演奏するくらいだと有名な曲ですよねきっと!今宵私も六本木にいました。映画観てました六本木ヒルズで。私の両隣り女性おひとり様で安心しました(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5345545

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZな夜:

« イメージ | トップページ | 「自由への讃歌」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ