« 親子、というもの。 | トップページ | 「忠臣蔵」昼の部 »

2007/02/22

久々の歌舞伎座♪

今日は、なんと一か月以上ぶりに歌舞伎の日。(もちろん昼夜通しである(^^)v)
先月週をあけず観ていたせいか、ほんとうにお久しぶりな気分で、ちょっと緊張(笑)。

「忠臣蔵」の五段六段以外を、しかも通し(狂言)で観るなんて初めてのことで、ことに「大序」とその前の「人形口上」はとても楽しみにしていました。
なのになのに、昨夜はプランの提出期限で朝の5時まで作業。これでは途中で夢の中だよ〜と思いつつ、根性!で遅刻だけはせず歌舞伎座へ。
期待の「人形口上」から観れて、ホントに良かったー!

で、通しで観た「忠臣蔵」、これって、こんなお話だったのね、と新発見がたくさん!
しかも豪華キャストだし、話は面白いし、とほとんど寝てる暇がありませんでした。
とりわけ期待の「人形口上」「大序」は良かったなぁ。
そして七段目の「一力茶屋」が素晴らしく良かった!
玉様仁左様吉右衛門様ブラボーぅ!でございますよ。
菊五郎さんも素敵だったし、あーもう皆様には夢でもう一度お会いしたい!

久々の歌舞伎座で「地口行灯」を鑑賞したり、「めで鯛焼き」売り切れの憂き目に会ったり、お土産コーナーをじっくり見てまわったりと、お芝居以外にもたくさん楽しめて、あーやっぱり歌舞伎っていいわぁーと、ただいまテンション上げ上げ↑
なんですけど異様に眠いので詳しい感想はまた後日。
めいっぱい楽しんだ「忠臣蔵」通し、観賞の一日でした♪

« 親子、というもの。 | トップページ | 「忠臣蔵」昼の部 »

コメント

>みゅぅさん、ほんとうに「久しぶり」な感じでした。眠かったんですが、なにがあってもやっぱり歌舞伎は熱烈に観にいきたいです!(^-^;

こんにちわ。
うんうん、mamiさんのブログで「歌舞伎観てきました」の文字を見るのは確かに久しぶりですね。
よく我慢できましたね。(笑)
えらい、えらい。
それにしても、ほぼ徹夜で頑張りましたね。それだけ、歌舞伎に魅力があるってことですかね。
またまたエネルギーをもらって、mamiさんもパワーアップですね。

>edaatsさん、観るだけとはいえ体力は必要かもしれませんね!歌舞伎は休み時間が長いので、そのときになるべく歩いたりストレッチしたり、体を動かすようにしています。でも、今日は肩ガチガチでした(笑)
末広亭で一日!っていうのもすごいですね。edaatsさん、興味の範囲がとても広いんですね。

昼夜通しって入れ替えでずーっとご覧になるということですか・・・。
7,8時間歌舞伎座ですごすなんてすごい。
私も昔は12時から21時ころまで新宿末広亭で頑張ったことが何回もありますが、今はとてもとても。
お尻と腰がガタガタになります。(T_T)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5450088

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の歌舞伎座♪:

« 親子、というもの。 | トップページ | 「忠臣蔵」昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ