« いちご | トップページ | お出会いあそばせ »

2007/02/06

ぎりぎり

3月に国立小劇場で行われる新作歌舞伎「蓮絲恋慕曼陀羅」、あぜくら会の先行をうっかり忘れていて(打ち合わせの嵐だったので、そんな電話もできなかったのだ)あせりまくりで遅ればせの電話。
なかなかつながらずに、またまたやきもきしたけど、なんとか希望の日にちをゲット。
お席も、センターからはちょっとはずれるけど、センターに近い位置で2列目がとれたー!(^-^)v
もう、良かった良かった。

玉三郎さんが十年ぶりの国立出演、新作でいろいろな試みがあるらしいこの演目、なのに小劇場ということで、かなりの激戦が予想されていたのですが、一安心です。
チケット発売日って土日が多いので、土日に打ち合わせの集中する仕事の私としては、かなりドキドキものなのでした。
今回も、おかげさま、おかげさま、なのでした(^-^)

« いちご | トップページ | お出会いあそばせ »

コメント

>みゅぅさん、そうですね、さすがに仕事中にチケ取りの電話やアラームは…(^-^;;; 私もいちおう、チケット発売日は手帳に書き込んで忘れないようにしています。仕事中に、それをのぞきこまれるとかなり恥ずかしいんですが(笑)でも、これがやる気の源、かな。。

>SwingingFujisanさん、そうか!Web春猿というのもあったのですね。私はまだそんなところまで頭が回らず…(^-^; お席がわかるまではちょっとドキドキですね。
私のその席は、きっとものすごくラッキーだったんですよ。ほかの場所も聞いてみましたがみんな後ろのほうでしたから。なんにせよ、希望の日にちが取れて良かったですよね♪

こんにちわ。
チケット取れて、良かったですね。これでまた仕事にも張り合いが出ますね。
私も、どこかに電話いなくちゃいけないという予定は、よく忘れてしまいます。なので、最近は携帯のスケジュールに登録してアラームも付けてます。
mamiさんのように仕事中ではアラーム設定なんて出来ないですよね。

よかったですね!! いい席が取れて。私は最初からギブアップで、Web春猿でお願いしました。希望の日時は取れたようですが、席はわかりません。6日でそんないい席があったのですか。Web春猿さんにお世話になっておきながらなんですが、それなら4日に国立に電話したほうがよかったかしら。チケット取りはいずれにしてもむずかしいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5230522

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎり:

« いちご | トップページ | お出会いあそばせ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ