« 「古寺を巡る・法隆寺」 | トップページ | 「いとしの儚」 »

2007/02/02

錦之助襲名!

四月の、信二郎さんの襲名披露公演の詳細が発表されましたね。
口上は夜の部で、昼の部では劇中の口上のようで。
裃をつけた信二郎さんのチラシも出ていて、襲名披露がいよいよだと感じられ楽しみです。

六月にはコクーン歌舞伎「三人吉三」だそうでこれも楽しみ。
八月には歌舞伎座で「アマテラス」再演…などなど、いろんな情報ラッシュで、ワキワキ♪です。

今月は(先月たくさん行っちゃったからと、東京公演が歌舞伎座だけなので)観にいくのは歌舞伎座のみとおとなしくしてたんですが、そんなニュースをたくさん聞いたら、なにか観たくてたまらなくなってしまいました。
とはいえ歌舞伎座は今月は月末にチケットをとってしまっているし、その他になにか行くとすると仕事の調整もしなきゃならないし…。
そうだ、横浜で「道成寺」と「野田版鼠小僧」の二本立てがあるから、それに行っちゃおうかなー。(←シネマ歌舞伎です)
文楽はもうチケットとれないかなー。
雅楽もやってるなぁ。行きたいなぁ。。。

なんて、ちょっと歌舞伎のインターバルがあくとこんなふうに…(苦笑)
一月は、ホントにたくさんやっていたので、そのペースで年間とおしたら、大変なことになりますよ。
今月みたいな月は、必要です!
てことで、いまのところ自重する方向で(笑)。

« 「古寺を巡る・法隆寺」 | トップページ | 「いとしの儚」 »

コメント

>みゅぅさん、そうなんですー(^-^; 一月は贅沢すぎました!でも、いつもいつもそんなふうに道楽三昧していたら大変(といいつつ芝居道楽は止まりませんが…)なので。。。ストレスはほかにも発散の場があるので、大丈夫です。(きっと…汗)

好きなものはちょっとでも間が開くと、寂しくなってしまいますよね。
でも、我慢なさるんですね。ストレスフルにならないようにしてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5172198

この記事へのトラックバック一覧です: 錦之助襲名!:

« 「古寺を巡る・法隆寺」 | トップページ | 「いとしの儚」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ