« 地口行灯 | トップページ | おもいつき »

2007/03/01

ぎりぎりなのかも。

もう三月に入りました。
私は「ほぼ日」手帳を愛用してますが、それには旧暦とともに今年が始まってから○日め、という記載もされていて、今日はちょうど60日目です。
ついこの前、旧暦の元旦だわ仕切り直しだわなんて思っていた(その日は49日目)のに、早いもんです。
この時間の流れを、自分はちゃんと受け止めて過ごしているのかなぁ。

…明け方に、夢を見ました。
私は、行き先をちょっと急いでいて、そこに向かうためにバスに乗りました。
発車した途端ものすごい地震が起きて、バスは制御を失ってすごい勢いであらぬところに突進、必死の思いで車内で踏んばる私(や他の乗客)の目に入ってきたのはその先にいるたくさんの人!
そのまんま突っ込んだら、、、!というすんでのところでバスは急ブレーキがきき、あぁ良かったと思うのもつかの間、勢いあまってまた違う方向へ。
地震もなかなかおさまらず、バスはあっちに突進、こっちに突進、を繰り返し。。。というコワイ夢でした。

どこに突進しても、ギリギリのところで止まるので、けが人はなく惨事にはならないのですが。
これって、なに?
私のこと?なにかのメッセージ?かと思うとちょっと…。
今年に入って60日目、約1/6を過ぎたところで見たこの夢、たいへん意義深いと受けとめ、我が身を見つめることにいたしまする。

« 地口行灯 | トップページ | おもいつき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5540400

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎりなのかも。:

« 地口行灯 | トップページ | おもいつき »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ