« フンデルトヴァッサー展 と ハート展 | トップページ | 「アルゼンチンババア」 »

2007/03/10

曼荼羅絵解き

国立小劇場で公演中の「蓮絲恋慕曼陀羅」の下敷きになっている奈良の當麻寺・曼荼羅縁起ですが、
4/21,22日、東京は代官山の「奈良代官山iスタジオ」で、「當麻寺曼荼羅絵解き」が行われるそうです。
コチラ(「最新情報」から入りぐぐっと下にスクロールしてくださいね)
当日は、當麻寺にある曼荼羅が移されているようなので、奈良まで行かなくても見ることができそうです。

« フンデルトヴァッサー展 と ハート展 | トップページ | 「アルゼンチンババア」 »

コメント

>まこさん、ありがとうございます♪
曼荼羅、奥が深くてなかなか手が届かないのですが、今月の「蓮絲…」でまた興味が広がった感じです。私は観劇はこれからですが、曼荼羅についてはちょっと下調べしようかなーなんて。。いずれにしても楽しみです。
こちらこそよろしくお願いします。またお邪魔させていただきますね。

おじゃまにきました。
目黒川沿いにお住まいなのですか、
いいなぁ、桜、これからが楽しみですね。

曼荼羅の情報ありがとうございました。
TBさせていただきました。
これからもよろしくおねがいします。

>ルーシーさん、こちらにまでありがとうございます!曼荼羅、お描きになったんですか、すごいですね!色彩はもちろん、構図の繊細さに気が遠くなりそう(笑)そういえば最近見た映画「アルゼンチンババア」でも、役所広司さん扮する父親が、石で曼荼羅をつくっていました。ここのところ曼荼羅に縁があります。
また遊びにいらしてくださいね。ルーシーさんのブログ、とても楽しみにさせていただいてましたので、再開、気長に、首を長くして待ってます。

 mamiさん、こんばんは!

 私のブログへもコメントいただきありがとうございます。

 mamiさんのブログは歴史や風情あるコラム、そして映画や音楽など、私の趣向と似ていて嬉しいですね~。
曼荼羅の絵も昔依頼されて描かせていただいたことがありました。
原色が多かったのですが、描いていると心が洗われる気がした記憶があります。

 私のブログは事情により現在休止しておりますが、
仕事がひと段落しましたらまた再開を・・と考えています。

 そのときにはどうぞ宜しくお願い致します♪
 ときおり遊びに伺いますね~、それではまた!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5633535

この記事へのトラックバック一覧です: 曼荼羅絵解き:

» 奈良 ホテル [奈良 ホテル]
奈良公園や若草山、東大寺大仏殿、興福寺五重の塔などが一望できるロケーションが魅力の「奈良 ホテル」は、明治42年、関西の迎賓館として開業されたホテルである。当時の面影を今に伝える本館の瓦葺屋根は、格調高い桃山御殿風の総檜造り。場所は鹿が群れ遊ぶ奈良公園の高台に位置する。 ホテルロビーはクラシカルな雰囲気で、まるでそこだけ時がとまっていたかのような錯覚に陥るだろう。奈良吉野地方の独自の建築様式「吉野建て」を取り入れた新館もなかなか�... [続きを読む]

» 当麻曼荼羅のこと [真ん中な日々]
 「初瀬・豊寿丸 蓮絲恋慕曼荼羅」も今日で4日目。観にいかれた方の感想がちらほらと読めますね。  ふんふん、そう思ったんだぁ〜とか、いろいろおもしろい。  ところで、初瀬が織り上げる「当麻曼荼羅」ですが、... [続きを読む]

« フンデルトヴァッサー展 と ハート展 | トップページ | 「アルゼンチンババア」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ