« 泣いちゃった笑っちゃったよ | トップページ | 目黒川桜たより1 »

2007/03/07

よいやよいや♪

今月は仕事が混んでます。
私は住宅関連の仕事がほとんどなので、3月中に完成させて、4月から新しい家でスタートしたい!というのが人情でしょう(お子さんの学校とかの都合もあるしね)。
モデルルームなんかも春の連休前オープンを狙ってたり。
だから、今月はプランの本数も多いし、引き渡しが迫ってバタバタしている現場の急な動きに対応したり、納品に立ち会ったり現場チェックしたりスタイリングで一日現場にはりついたり…と、なにかと慌ただしいのです。

…それでも観劇・映画・美術展など、はずすまいと頑に守る私、これがなければホント、けっこう十分に寝る時間とれてますって。
でも、やめられません(笑)これは私の栄養分です。お仕事にも生きるんですよ!ホントに!いやきっと。…たぶん。そうかもしれない。。。
まあ、デザインワークに無駄なことはありませんわ。えへ。

で、そんな慌ただしさのなかまた新しいリフォームのお仕事が一本。
これ、現場が京都なんです。
打ち合わせは東京で行います。
今月はそんななので、4月に入ってすぐに京都に行ってお住まいを拝見することになりました。
4月…といえば桜じゃ、あーりませんか!
ちょうど法隆寺なども見に奈良にも行きたかったし、これ幸いとサクサクと日程をとりました。
これで京都・奈良でのお花見ができるわー。
でも、残念なことに4月は南座ではなにもやっていない…。今月のを、もうちょっとやっててくれてたら最高だったのに。。。

いえ、お仕事です。仕事で行くんですよー!

« 泣いちゃった笑っちゃったよ | トップページ | 目黒川桜たより1 »

コメント

>みゅぅさん、ちょうど桜の時期と重なるのでほんとうに楽しみです♪今年は東京と京都、双方でお花見、贅沢ですー(^-^)v

こんにちわ。
相変わらず、忙しそうですね。
新年度がもうすぐそこまで来てるんですものね。
京都、良いですね。って、仕事で行かれるんですよね。
でも、やっぱり楽しみたいですよね。
お土産話楽しみにしてます。

>SwingingFjisanさん、実は南座は、勘太郎さん見たさに日帰りでもともくろんでいたんですが、どうも無理みたい(泣)。一度南座にも、行ってみたいですねぇ。
桜情報、調べてくださったんですか!ありがとうございます!ちょうどよさそうです。あちらのお客さまが「お花見もいたしましょう」と言ってくださっているので、楽しみです。

開花予想見たら、京都は28日でした。4月に入ってすぐということは、最高の見ごろですね♪♪ 

あらら~、南座残念ですねえ。今月だったらよかったのにね。ちょっと足を伸ばして松竹座とか・・・いえ、お仕事でいらっしゃることは十分承知でございますよ。
桜、今年は開花が早いようですが、間に合うといいですね。京都・奈良のお花見なんて最高ですものね。お仕事とは別に楽しんでいらっしゃいませ。ご報告、お待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5608531

この記事へのトラックバック一覧です: よいやよいや♪:

« 泣いちゃった笑っちゃったよ | トップページ | 目黒川桜たより1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ