« 目黒川桜たより2 | トップページ | 「風林火山」十話「晴信謀反」 »

2007/03/10

亀様@スタパ!

帰ってきてからすぐに、録画していた亀治郎さん出演のスタパを鑑賞。
今回はひとりゲストなので、たっぷりお話を聞けると楽しみにしておりました♪

いつものことながら淀みのない明快なしゃべりにうっとり。
この方は、なんて無駄のない言葉で(でもとても柔らかく暖かい)、核心をついた話ができるのだろう。
だらだらと、まわりくどく語ってしまう私とは大違い。。。
それだけでも、いつも(年下ながら)憧れ尊敬してしまいます。

「風林火山」に出演するにあたっては、歌舞伎の演技をくずさぬよう心掛けている、それが制作の意図に沿ったものだろうから。
歌舞伎俳優としての演技の特徴は、無駄のない演技、所作の美しさ、発声はお腹から。
役へのアプローチは、最終的に出来上がった信玄像から遡るのではなく、若いころからの積み重ね。で、結果的にどういう信玄になるかはお楽しみ。
信虎との関係は、親子であり同時に親子でない(お館様と家臣の関係)環境にあって生まれてくるものでもあり、歌舞伎の世界と似ているところもあるので非常に理解できる。

といった話をされていたけれど、特に役づくりのアプローチについては、なるほどと感心してしまいました。
歴史上の人物だとつい、最終形から若い頃を連想してしまうけれど、人の成長は当然、若い頃から出発していくもの。
そんな、いってみれば当たり前の、でも恐らく今までのアプローチとは異なることを、やってのける発想力実行力に、感動してしまいます。
それに、いわずもがな歌舞伎で培われた所作の美しさ・目線の小細工のない涼やかさは、一朝一夕に身につくものではありません。

ひたすら感心してうなってるとこに、
晴信のことを語るに思わず「僕」といっちゃったり(亀治郎さんと晴信様はもう同化しちゃってますからね)、晴信以外にもなにか演じるとすれば?と問われて「由布姫だねぇ」なんていったり、けっこうリラックスして素の部分も垣間見れる雰囲気だったので、思わずこちらもニコニコ(^-^)。
先週の、勘助を斬らず寸止めしたシーンについては、なぜ助けたのかなどわからない、助けちゃったんでしょうねぇ、と。
そこに理由を求めていくと演技が浅くなると。
ひょえー。深い!(こんなに感動してるのに、こんな浅いコトバしか使えない私を許してー!)
もー、亀様に、感心しきり、そして私の好きなのはこんなに素敵なひとなのよーと(自己満足)、にやけっぱなしの1時間でした。
何度でも見てまたにやけよう…。。もう本当に敬愛いたしております。

「風林火山」、これからがますます楽しみです。

« 目黒川桜たより2 | トップページ | 「風林火山」十話「晴信謀反」 »

コメント

SwingingFjisanさん、えっ、そうなんですか!それは素敵ー!さっそく拝見しにお邪魔させていただきますー♪

mamiさんとの似ているなあと思ったのはそれだけじゃないんですよ。mamiさんは目黒川桜たよりを出されていますが(川のある光景は好きです。目黒川の桜、綺麗に咲きますよねえ)、実は私も大好きな桃の花の光景を日を追って公開することにしていたのです。ただ、私の場合は一挙公開を目論んでいまして(といってもたったの3日分ですが)、mamiさんに先を越されましたぁ~ (^-^; 
で、今日、満開になったようなので、先ほどアップしました。

>私もSwingingFjisanさんのとこにお邪魔して、そう思いましたー♪なんか、そういうのって、嬉しいですね(^-^)
亀ちゃん、ホントにお肌ツルツルでしたねぇ、毎日ドーラン塗ってる方とは思えません。若いのねー。

mamiさんと私の目のつけどころ、共通していますね♪♪ 私も同じところに感銘を受けましたもの。そして、にやけっぱなしというのもおんなじですよ~。亀ちゃん、お肌もきれいでしたねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/5642862

この記事へのトラックバック一覧です: 亀様@スタパ!:

« 目黒川桜たより2 | トップページ | 「風林火山」十話「晴信謀反」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ